帯状疱疹ってお風呂や洗濯でうつる?原因は水疱瘡ウイルス?

この記事は3分で読めます

帯状疱疹、皮膚病の1つであり
水疱瘡と深い関係がある病気ですよね。

 

さてそんな帯状疱疹ですが
お風呂や洗濯を一緒にしてしまうと
他人に移ってしまうのでしょうか?
また原因についても見て行きましょう!

スポンサードリンク

帯状疱疹ってお風呂や洗濯でうつる?

皮膚病というのは
おそらく誰もがなりやすい病気の1つですよね。

 

 

肌が荒れてしまったり
アレルギーなどで蕁麻疹が出てしまったり
軽度なものから重度のものまで
常に表面に出ている皮膚というのは
それだけ影響を受けやすいのかもしれません。

 

 

今回注目する皮膚病の1つである
帯状疱疹(たいじょうほうしん)。
過去に水疱瘡(みずぼうそう)にかかった人が
起こる病気です。

 

 

 

では一体どんな病気なのか
ということについて見て行きましょう。

 

 

帯状疱疹は
刺すような痛みとともに赤い斑点
そして小さな水ぶくれのようなものが
帯状に出来るものであり
身体の左右どちらかに現れます。

 

 

発症する年齢としては
小さな子どもから大人まで全体に出てきますが
特に50代を過ぎたあたりから
急増していくものとなります。

 

 

胸、腹部に多く現れるようですが
これも身体の左右どちらかの
頭から脚の爪の先までの
どこかに出てしまうということ。

 

 

皮膚病と聞くと
感染をするのではないか
というイメージもありますよね。

 

 

特に家族の中に
帯状疱疹にかかっている人がいる場合は
お風呂のお湯や、洗濯物の問題など
一緒にしても大丈夫なのか
移らないのか、ということが心配になります。

 

 

帯状疱疹は
基本的に他人に移ることはありません。

 

 

しかし注意が必要なのが
例えば家族に乳幼児や小さな子どもがいる場

 

 

その子供が水疱瘡にかかったことがなければ
帯状疱疹の患者から、水疱瘡として移る可能性
あるようですね。

 

 

なので基本的には気にしなくていいものの
水疱瘡にかかったことがないという人がいる場合には
少し注意をしたほうがいいかもしれません。

 

 

また帯状疱疹にかかってしまった人は
あまり外出をせずに
治療に専念をしたほうがいいということ。

 

 

家庭内が皆、水疱瘡にかかったことがあるとしても
外出をすると他人のことはわかりませんし
移ってしまい可能性も考えられるので
皮膚科で診察をしてもらい
適切な方法で治療をしていきましょう。

 

 

さらに1つ気をつけたいのが
帯状疱疹にかかった人の入浴方法について。

 

 

普通にお風呂に入るのはNGであり
基本的にぬるま湯の弱いシャワーで
優しく身体を洗う程度にしておきましょう。

 

 

湯船に浸かってしまうと
血行がよくなってしまい患部がかゆみ、痛みなどを
発症してしまう可能性もあるので
控えるように。

 

 

また身体を洗うときも、強い力で洗ってしまうと
患部の水ぶくれが破れてしまい
結果的に完治した後も痕として残る可能性があるので
気をつけましょう。

スポンサードリンク

原因は水痘瘡ウイルス?

何故帯状疱疹になってしまうのか
という原因についても見て行きましょう。

 

 

原因は水疱瘡(みずぼうそう)ウイルスであり
過去に水疱瘡を発症したことがある人は
誰もが起こりうる皮膚病です。

 

 

何故水疱瘡と関係があるかというと
以前発症した水疱瘡はたとえ治ったとしても
水疱瘡のウイルスは体内に身を潜めることになります。

 

 

ウイルスは体内の神経節に潜んでおり
加齢、ストレスなどが原因となって
そのウイルスは表に出てきます。

 

 

普段は免疫力があるので抑えられているウイルスですが
身体が弱ってしまうことにより
ウイルスが活動をし、出てきてしまう
ということですね。

 

 

神経節に潜伏していたウイルスは
神経を伝って皮膚に現れてきて
帯状疱疹として表面化してきます。

 

 

他人に移る、移らない条件の中に
水疱瘡にかかったことが無い人には
水疱瘡として移る可能性があるということを話しましたが
帯状疱疹自体、水疱瘡ウイルスが原因で引き起こされているので
こういった理由から、水冒頭として感染してしまうということ。

 

 

年齢が高齢になるにつれて
発症率が高くなっていくというのも
加齢によって免疫力が低下をしてしまうから
というわけなのです。

 

 

一度帯状疱疹にかかり
それが完治したとすると
再発の恐れはほとんどないとされておらず
一生に一度きりの病気とも言われています。

 

 

ただし、それでも免疫力が急激に低下をするようなことがあれば
可能性としては考えられるため
免疫力の向上に気をつけたほうがいいかもしれませんね。

 

 

かかってしまった場合は皮膚科に
そしてしっかりと治療をしてもらい
安静にしていれば完治をする病気なので
放置をして感染を広げないように注意をしましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。