インフルエンザ予防接種!子供が2回接種する理由と間隔について!

この記事は3分で読めます

乾燥しやすい時期になるのが
インフルエンザ。
かかってしまうと数日間苦しむことになり
老若男女問わず悩ませるものです。

 

 

そんなインフルエンザと言えば予防接種。
特に子供はインフルエンザ予防接種は2回しなくてはいけませんが
その理由って何なのでしょうか。
また、その間隔についても注目をしていきます。

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種とは

秋から冬が明けるまでにかけて恐ろしいのが
インフルエンザだと言えます。

 

 

毎回インフルエンザウイルスのタイプが違っていたりして
微妙に症状なども違ってくるため
その都度用心しなくてはいけません。

 

 

集団感染することも多いため
学校などでは学級閉鎖になることもあれば
ひどい場合だと学年閉鎖になるなど
かなり大きな被害があると言えます。

 

 

特にインフルエンザは集団でかかることが多いので
子供に多い病気というイメージが強いかもしれませんね。

 

 

さてインフルエンザといえば
予防接種を受ける人も少なくありません。

 

 

一つ注意をしたいのが
インフルエンザの予防接種は
何種類もあるということ。

 

 

その年の流行に合った予防接種を受けないと
意味が無いということが言えるのです。

 

 

また、予防接種を受けたからといって
100%防げるとは限りません。

 

 

単純に発症リスクや症状を軽減させる確率など
それを低くすることが出来るものなので
間違ってはいけません。

 

 

さらに、その年の流行が
A型インフルエンザとB型インフルエンザが流行していた場合
A型にかかって治ったとしても
B型にかかる可能性もあるので
予防接種を受けるのであればその年の予防接種を受けることがオススメされています。

 

 

インフルエンザの流行については
早めにニュースなどで取り上げられるため
流行の少し前からチェックしておくといいでしょう。

 

 

また病院などに行くと
予防接種のポスターや案内などが貼られているため
そういったものを参考にしてみたり
医師に相談をした上で予防接種を受けるといいでしょう。

スポンサードリンク

子供が2回摂取受ける理由と間隔は?

インフルエンザの予防接種といえば
子供は2回受けるのが一般的です。

 

 

何故2回受けなくてはいけないのか
疑問に思ったこともあるかもしれません。

 

 

 

よく言われるのが、大人と子供とでは
一度に摂取する量が違うから
大人の分量を2回に分けている
ということが言われています。

 

 

しかし3歳以上の子供は
一度に大人と同じ量を予防接種しているため
量によって2回受けているというわけではないのです。

 

 

何故子供は2回受けなくては行けないかというと
実は1回目の予防接種だけでは
効果は上手く発揮できないのです。

 

 

予防接種をしてから1ヶ月ほどで
効果はなくなってしまうため
2回受けることによって
予防接種の効力を強めることが出来るのです。

 

 

2回受けることは
数ヶ月の効果を期待出来るため
ちょうどインフルエンザが流行している時期は
これでカバー出来るということですね。

 

 

また大人になると1回で済むというのは
それまでにインフルエンザにかかることが多く
体内でインフルエンザの免疫を強めている可能性があるから。

 

 

少なからずインフルエンザにかかると
体内で免疫が作られ
インフルエンザにかかった時は
その免疫力が呼び戻されることとなるので
ほとんど必要はないということなのです。

 

 

しかし大人は2回受けてはいけないというわけではないので
心配な人は2回受けても問題はないかもしれませんね。

 

 

最後に子供が2回受ける際の間隔についても見ていきましょう。

 

 

1回目の予防接種を受けてから
1ヶ月程度しか効果がないということなので
間隔としては3~4週間が好ましいと言われています。

 

 

特に小さい子供に関しては
出来るだけ間が明かないように
3,4週間の間で必ず受けたほうがいいと言われています。

 

 

 

毎年流行するインフルエンザウイルス。
予防接種を受ければ必ず防げるというわけではありませんが
受けておいても損はなく
小さな子どもの場合にはリスクも高くなってしまうので
出来るだけ受けておいたほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。