スマホ首の症状は頭痛やめまい?ストレッチが効果的?

この記事は3分で読めます

おそらくほとんどの人が
現在悩まされているスマホ首。
メディアなどでも取り上げられていますよね。

 

 

そんなスマホ首に今回は注目。
スマホ首の症状は頭痛やめまい?
また解消法としては
ストレッチが効果的のようですが…?

スポンサードリンク

スマホ首の症状は頭痛やめまい?

今やスマホを持っているのが
当たり前の時代になってきましたね。

 

 

スマホがあれば
アプリもたくさんあるので
便利なことも増えましたし
LINEなどで以前よりも円滑に
やりとりをとっている人も多いでしょう。

 

 

また、ゲームアプリも人気で
現在CMもたくさん放送されているほどに
ゲームに関してもスマホは力を入れています。

 

 

スマホ1つあれば
時間はあっという間に過ぎていき
中には趣味になっているという人も
いるかもしれません。

 

 

しかしそんな楽しく便利なスマホですが
スマホを長い時間見つめていると
姿勢が悪くなるのは当たり前のことで
現在スマホ首に悩まされている人も
多いですよね。

 

 

スマホを長時間使用してなってしまう
スマホ首に関しては
テレビなどのメディアでも
かなり取り上げられるようになっており
今ほとんどの人がスマホ首になっている
なりかけている状態である
ということも言っても過言ではないかもしれません。

 

 

ではスマホ首の症状というのは
具体的にどういったものなのか
ということを見て行きましょう。

 

 

よく言われているのが
頭痛めまいですよね。

 

 

頭痛やめまいをはじめとして
スマホ首の症状として挙げられるのが

・肩こり

・首の凝り

・腰痛

・腕がだるい/力が入らない

など。

 

 

長時間同じ姿勢でスマホをいじるというのは
おそらく視線は下向きにして
腕全体はスマホを手で支えるために
固定されていると思います。

 

 

場合によっては
腰にも結構負担がかかっているでしょう。

 

 

長時間同じ姿勢、しかも少し負担が大きな姿勢
をしていることによって
体が疲れてしまうのは一目瞭然ですよね。

 

 

この症状がどんどん悪化していくと
体を動かすだけで上半身を中心に
激痛が走ってしまうこともあれば
夜中寝ている時、寝返りを打った際に激痛を感じて
飛び起きてしまう…ということもあるようです。

 

 

日常生活を送ることにおいて
かなり支障が出てくるようであり
スマホ首に現在悩まされている人は
注意しなければなりません。

 

 

中には

「最近肩こりやめまい、頭痛がひどい」

「腕が痛い、上がらない」

と、スマホ首が原因であることに気づかずに
症状を訴える人も出てきているようです。

 

 

たかがスマホをずっといじったくらいで…
とは思うかもしれませんが
少しでも違和感を感じれば
それは長時間のスマホが原因かもしれません。

 

 

自分がスマホ首になっていないか
注意をしてみましょう。

スポンサードリンク

ストレッチが効果的?

さて、ではスマホ首になってしまった
なりかけているという人は
どうすれば解消することができるのでしょうか。

 

 

効果的だと言われているのは
ストレッチですよね。

 

 

そんなに難しいストレッチ方法ではなく
簡単に肩や首を回してみたり
伸びをしてみたり。

 

 

やり方はたくさんありますが
首、肩、肩甲骨、腕、そして腰
これらが伸びている、動いている
ということを意識できるストレッチをしてみると
かなり効果があるようです。

 

 

原因としては
長時間同じ姿勢でいることによって
筋肉などが固まってしまうことなので
上手く意識をしてストレッチをしてみると
凝り固まった筋肉も柔らかくなり
スマホ首の解消に向かっていきます。

 

 

今ここをストレッチしているんだ
という意識を心がけてやるように
してみましょう。

 

 

また、やはりストレッチをしていても
スマホ首の原因を解消しなければ
再びなる可能性はありますよね。

 

 

長時間のスマホを控える
というのは難しいかもしれませんが
体のことを少しでも考えて
休憩時間をこまめにとり
ストレッチを間に挟むだけで
原因は少しでもつぶしていけると思います。

 

 

またスマホ操作中も
姿勢を良くすることも大切なので
こちらも意識をしてみると◎。

 

 

最終的にスマホ首になってしまえば
日常生活を送ることも困難になり
スマホを触れなくなってしまう
なんてこともあります。

 

 

大袈裟だ、と思っている人ほど
スマホ首の可能性を秘めているかもしれないので
今スマホに熱中しているという人は
油断をせずに、日々注意して使っていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。