電気代を節約!パネルヒーターとオイルヒーターではどっちがお得?

この記事は3分で読めます

冬の電気代って夏の電気代同様に
恐ろしいものになりますよね。
そのため出来るだけ電気代を節約して
冬を乗り越えたいという人も少なくないでしょう。

 

 

今回は電気代を節約!ということで
パネルヒーターとオイルヒーターを比較してみました!
どっちがお得なのか、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

パネルヒーターとオイルヒーターではどっちがお得?

夏が過ぎて、いよいよ秋の雰囲気も
日本中を包んできていますよね。

 

 

秋ともなるとあっという間に冬がくるので
秋の間に冬の準備をしておこうという人も
少なくないと思います。

 

 

冬といえば欠かせないのが暖房機器ですが
夏場のエアコン同様に
電気代が気になるものです。

 

 

出来れば電気代を節約しつつ
冬を温かく乗り越えたいものですが
たくさんある暖房器具の中で
どれが一番節約に向いているのかって
ご存知ですか?

 

 

今回はパネルヒーターとオイルヒーターの比較ということで
注目をしていきますが
どちらも冬には大活躍をする暖房器具ですし
どっちのほうが電気代がお得なのかって
検討がつきませんよね。

 

 

もしどちらかが温かくお得なのであれば
冬に向けて用意をしておきたいもの。

 

 

そのためにはまず
パネルヒーターとオイルヒーターの特徴について
知っておくことが必要のようですね。

 

 

◆パネルヒーターの特徴◆

パネルヒーターの特徴は、電気ストーブやハロゲンヒーター同様に
電気によって直接暖めるというものです。

そのため暖めることに関しては即効性はあるものの
部屋全体を暖めることには向いておらず
長時間の使用よりも、短時間だけ暖めたい
一箇所だけ暖めたいという場合に適しています。

◆オイルヒーターの特徴◆

オイルヒーターはオイルを暖めることによって
空気を暖める暖め方をします。

そのためオイルが暖まるまでは時間がかかるものの
空気全体を暖かくしていくというものなので
部屋全体など、広範囲を暖めることに適しています。

 

 

以上パネルヒーターとオイルヒーターの特徴でした。

 

 

こうしてみてみると
同じ暖房器具とはいえど、暖め方や効果
適している場面などが異なるのがわかりますよね。

 

 

どういった目的で暖めたいのか
ということで使い分ける必要が出てきます
暖めたい部屋の広さも関係してくると言えます。

 

 

次に1時間あたりの電気代について
見てみましょう。

 

 

およその計算で
パネルヒーターは15円~25円
オイルヒーターは12円~35円ということ。

 

 

消費電力によって値段を変わってくるものの
だいたいこのくらいの金額幅が予想されるようですね。

 

 

また各家庭によって契約している電気料金プランによって
料金が大幅に変わるということなので
プランを見返して予想を立てる必要があります。

 

 

なので節約をするためには
まずは電気料金プランが自分に合っているのか
無駄な電気代を払っていないか
ということをよくチェックするといいでしょう。

スポンサードリンク

どっちがお得?

オイルヒーターとパネルヒーターの特徴や
それぞれ1時間にかかる電気代について
見てきました。

 

 

では結果的にどちらのほうが
節約には向いていてお得なのでしょうか。

 

 

節約に向いているお得になるかというのは
やはりどういった目的で使いたいかで
決まってくると言えます。

 

 

例えば狭い範囲で短時間向きのパネルヒーターを
広範囲を長時間で暖めるために使うとしたら
無駄にお金がかかるだけではなく
なかなか部屋が暖まらないということに繋がりますよね。

 

 

部屋が小さいという場合や
一瞬だけ暖まりたいという場合には適していますし
オイルヒーターを使うとオイルが暖まるまでの時間がかかるので
パネルヒーターを使うといいと言えます。

 

 

逆にちょっと暖かくなりたい時や
あまり広くない部屋で使いたい場合に
オイルヒーターを使うとなると
時間がかかる、無駄に部屋が暖まってしまうということで
やはり無駄が生じてしまいます。

 

 

どちらがお得かという点についてみてみると
その部屋の広さや目的を踏まえたうえで
どちらのほうが今は最適であるか、ということを見極めることが
お得に両方を使いこなすことに繋がるため
結果的に場合によってどちらもお得であることもあれば
お得ではないときもあると言えます。

 

 

無駄に電気代を消費しないためにも
用途や目的をしっかりと踏まえた上で使えば
節約にもきっちりと繋がっていくので
忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。