喪中のとき新年の挨拶はどうする?あけおめメールへの正しい返信は?

この記事は2分で読めます

新年の挨拶
メールで済ます人、年賀状を出す人
それぞれですよね。

 

 

そんな中で喪中の人への新年の挨拶って
どうしていますか?
どうすれば正しいのかって意外と知らない人も
多いかもしれませんね。
また、あけおめメールへの正しい返信についても
見ていきましょう。

スポンサードリンク

喪中のとき新年の挨拶はどうする?

新年の挨拶は
一年の中で最も気合が入る大切な挨拶ですよね。

 

 

新年の挨拶を交わし合うだけで
気分も良くなりますし
今年一年も仲良くしていきたいという気持ちも込められるので
欠かせないものだと言えます。

 

 

しかし喪中だった場合
新年の挨拶をどうすればいいのかって
わかりませんよね。

 

 

年賀状の場合だと相手が喪中の場合は
送らないのが一般的ですが
挨拶となるとどうしたらいいのか
わからないものです。

 

 

まず知っておきたいこととして

・祝い事と感じさせる「おめでとう」は使ってはいけない

・今年もよろしくという文面ならば挨拶はOK

だということ。

 

 

喪中というと年賀状も含め
挨拶をしてはいけないという風潮がありますが
これは喪中側が「新年を言わないことで喪に復していることから」
お祝いをしないということになっています。

 

 

つまり、新年のお祝いや挨拶、年賀状で
喪中の人へと送る場合には
「おめでとう」など祝いを感じさせるような言葉を
使わなければ挨拶をしてもOKなのです。

 

 

ただ喪中の人におめでとうを使わず
今年もよろしくという文面で年賀状を送っても
あまり良い気分にならない、非常識であると思われてしまうこともあるため
年賀状などは送らないほうが無難な場合もあります。

 

 

親しい関係なのであれば
喪中はがきを送るといいでしょう。

 

 

新年の挨拶として
もし会うことがある場合には
おめでとうは使わずに挨拶をするようにしましょう。

スポンサードリンク

あけおめメールへの正しい返信は?

喪中の人へのあけおめメールも
どう対処をすればいいのかわかりませんよね。

 

 

今の時代年賀状というよりかは
あけおめメールで新年の挨拶を済ます人が
ほとんどかもしれません。

 

 

年賀状よりも堅苦しくなく
手軽で良いという反面で
喪中の人からメールが来た場合
正しい返信の仕方についても
困るものです。

 

 

このあけおめメールに関しても
先ほど紹介した
祝わなければOKなので

「去年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします」

と新年の挨拶として送れば問題ありません。

 

 

喪中の人からおめでとうと来ている場合も
返信の際は祝いの言葉を口にしないほうが無難でしょう。

 

 

またこちらから送る場合も
喪中=挨拶はNGと捉える人も多いため
こちらからは送らないとしたほうが無難だと言えます。

 

 

やはり正しい作法だとしても
喪中は挨拶をしてはいけないというのが
一般的に多い考えでもあるために
時と場合に応じて対処をしていきましょう。

 

 

さらに注意をしたいことを1つ挙げると
年賀状、新年の挨拶、あけおめメールを
祝いの言葉を告げなければOKであるものの
地域によっては挨拶もNGという決まりがあるところも
あるようです。

 

 

これはお年玉にも関係をしているようで
喪中の場合はお年玉はNGと考えるところもあり
事前に確認をしておく必要があります。

 

 

念のため喪中の場合ならば
身近にいるお年寄りや
自身の祖父母、両親にそういった決まりはないか
聞いてみたり相談をしてみるようにしましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。