秋刀魚グリルでの焼き時間は?簡単な骨の取り方は焼く前に?

この記事は2分で読めます

秋刀魚といえば飽きを代表する魚として
多くの家庭で食べられていると思います。
しかしなかなか焼き時間がわからないという人や
骨が細かくて食べにくい…という悩みを持つ人も
いるようですね。

 

 

今回は秋刀魚をグリルで焼くときの
焼き時間についてや
簡単に骨を取り除く方法について注目。
旬の魚だからこそ美味しく食べたい!
秋刀魚に注目していきましょう!

スポンサードリンク

秋刀魚グリルでの焼き時間は?

秋の旬の魚である秋刀魚
本当に美味しいですし
食べると、秋を感じることができる魚ですよね。

 

 

お刺身にするのも美味しいですが
やはり焼き魚にして
大根おろしとポン酢、または塩でさっぱりと食べるのが
本当に美味しいですよね。

 

 

普段あまり魚料理を食べないという家庭でも
秋刀魚は毎年食べているというところも
多いかもしれませんね。

 

 

さてそんな秋刀魚ですが
グリルで焼くときの焼き時間って
どのくらいがいいのかわかりますか?

 

 

普段あまり魚料理を食べないという人にとって
どのくらいの時間がベストなのか気になりますし
普段から食べている人にとっても
出来ればベストな時間の焼き時間を知って
美味しく食べたいですよね。

 

 

まず焼き時間の前にやっておきたいのが
焼く前に少しグリルを温めておくということ。

 

 

秋刀魚をグリルで焼き、お皿に移す瞬間って
グリルの網に魚の皮がくっついてしまって
見た目がボロボロになってしまいがちになるのです。

 

 

そんな時に事前にグリルを温めておくと
網にくっつきにくくなるため
見た目も綺麗に焼くことができるということ。

 

 

秋刀魚は身も皮も栄養満点で美味しいので
どうせなら全部綺麗に食べたいですし
それならば是非グリルを先に温めておきましょう。

 

 

次に焼き時間に関してですが
だいたい火加減は強火から中火で
5分を目安に焼くといいということ。
足りないようであればプラス2分足しましょう。

 

 

魚によっては何度もひっくり返すものもありますが
秋刀魚は身が崩れやすいため
あまりひっくり返さないように。

 

 

焼き加減の目安は
魚の目が白くなったらちょうどいいようなので
目を目印にするといいかもしれませんね。

スポンサードリンク

簡単な骨の取り方は焼く前に?

秋刀魚の骨って取り除きやすいで取りにくい
そんな印象があるかもしれません。

 

 

子供がいる場合などは
なるべく骨を取り除いてあげたいですよね。

 

 

今回は焼く前に秋刀魚の骨を取る方法を紹介。

 

 

やり方は簡単で
頭、内臓を取り除いた秋刀魚の
頭側から出ている背骨に
口が大きめのストローを差し込むだけ。

 

 

口が大きめのストローは
タピオカ用のものなど
通常のより少し大きめのものを
用意しましょう。

 

 

こうすることで綺麗にストローの中に
背骨が入っていくので
簡単に取り除くことができるということ!

 

 

これならば骨を取り除くのも
簡単になりますよね。

 

 

特に子供がいる家庭だと
骨を取り除かないと危険な場合もあるので
焼く前にこうして背骨をとっておくだけで
食べるときの手間もはぶくことができます。

 

 

他にも様々な方法があるようで
ネットで検索をしてみると
たくさんのやり方や簡単な骨の取り方
また、綺麗に秋刀魚を食べる方法などを
紹介しているブログやサイトなどもあります。

 

 

美しい秋の魚だからこそ
綺麗に食べたい。
是非、試してみてくださいね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。