胃下垂になる原因や太らない理由とは?治し方は腹筋がおすすめ?

この記事は3分で読めます

大食い選手などで多くみられる
胃下垂。
食べても太らないというイメージが強いですが
本当に太らないのか気になりますよね。

 

 

今回は胃下垂について注目。
胃下垂になる原因や太らない理由について
注目をしていきます。
また、胃下垂を治したい人必見
治し方には腹筋がおすすめということですが…?
早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

胃下垂になる原因や太らない理由とは?

食べても食べても太らない人って
憧れますよね。

 

 

大食い選手を見てみると
驚くほど痩せている人もいるため
どうしてそんなに食べても太らないのだろうと
疑問に思う人も多いでしょう。

 

 

ほとんどの場合、胃下垂であるということも挙げられていて
胃下垂=食べても太らないというイメージ
定着しているかもしれませんね。

 

 

しかしそもそも胃下垂ってなんなの?
という疑問を抱く人もいるようです。

 

 

胃下垂は、通常とくらべて
胃の位置が下に下がっている状態のことを指します。

 

 

胃下垂の人というのは
生まれつきの人もいれば
いつの間にか胃下垂になっていたという人もいたりと様々。

 

 

なので食事をした後に
お腹の下のほうが大きく膨らんでしまうなど
特徴がありますね。

 

 

食べても太らないイメージが強いため
胃下垂を羨ましいという人も少なくありませんが
体に悪影響を及ぼします。

 

 

症状としては

・消化に時間がかかる

・栄養摂取がうまくできない

・食欲不振

・胃の不快感

など。

 

 

やはり本来ある位置にないということもあり
胃にとっては負担がかかり
胃のトラブルが起きやすいということが挙げられます。

 

 

特に栄養摂取に関しては
食べたものの栄養をしっかりと摂取できないため
体にとっては悪いことですよね。

 

 

何故胃下垂になってしまうのかというと
主な原因として挙げられるのが
筋力の低下や姿勢の悪さ、噛まずに食事をする癖がある
が挙げられます。

 

 

筋力の低下によって
本来胃を支えている腹筋が衰えてしまうため
胃が下がってしまうということですね。

 

 

姿勢の悪さ
それによって胃の位置が常に下がることとなってしまうため
体の骨格が歪んでしまっている可能性があります。

 

 

噛まずに食事をすると
それだけ食べたものが大きな状態で
胃に運ばれることになるため
重さによって胃が下がってしまう
という仕組みのようですね。

 

 

しかし何故これだけ体に悪影響があるのに
食べても太らないのでしょうか。

 

 

デマ、という噂もありますが
実は胃下垂だから太らないというよりかは
太らない体質だから胃下垂である
というほうが正しいようです。

 

 

痩せているということは
その分脂肪が少ないということになるため
胃の位置が下がりやすくなるようです。

 

 

そうなってくると胃下垂になりますが
胃にトラブルが起きやすくなり
食欲がわかなくなってしまいます。

 

 

さらに食べる量が少なくなり少食となるため
胃下垂=太らない
というイメージがついてしまうということ。

 

 

では小食ではなく大食いで胃下垂の人は
何故太らないのか、ということも気になりますよね。

 

 

症状の1つに、栄養をしっかりと吸収できない
というものがあります。

 

 

カロリーも栄養の一部に当たりますが
大食いで胃下垂の人というのは
カロリーを含め多くの栄養素を
体の中に取り込むことができません。

 

 

つまり、いくら食べても
体にとっては食べたことにならない
ということが言えるかもしれませんね。

 

 

カロリーは太る原因とも言えますが
生きていく上では必要不可欠なものです。

 

 

栄養をしっかりととれない
胃下垂の人は不健康になりがちになるために
出来ることなら治したほうがいいものとも言えます。

スポンサードリンク

治し方は腹筋がおすすめ?

では胃下垂を治すためには
どうすればいいのでしょうか。

 

 

原因からその方法を見ていくと
やはり最も大切なのは腹筋の存在であるために
腹筋をして、胃を持ち上げることが必要となります。

 

 

なので、一日に数回だけでも腹筋をして
お腹を鍛えるようにしておけば
胃の位置を元に戻すこともできます。

 

 

胃下垂の症状には
お腹の調子が悪くなる、下痢気味になる
ということも多く挙げられるため
食事後すぐにお腹を下す人は
腹筋をしてみると改善されるかもしれませんね。

 

 

また、他の原因でもあるように
姿勢を治すことを心掛けてみたり
噛む回数を増やすのも大切です。

 

 

例え腹筋を鍛えたとしても
他に原因がある場合には治すことは出来ないので
これらのことを気をつけた上で
胃下垂を治していきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。