ピロリ菌は血液検査でわかる?検査キット尿素呼気試験法の費用は?

この記事は4分で読めます

ピロリ菌、聞いたことがある人も多いであろうこの菌は
悪い菌の1つであり、病気の元ともなります。
病院などで検査を行ったことがある人もいるかと思います。

 

 

そんなピロリ菌ですが
血液検査で存在がわかる?という疑問が
出てきているようですね。
また検査キット尿素呼気試験法の費用についても
気になる人が多いようです。

スポンサードリンク

ピロリ菌は血液検査でわかる?

ピロリ菌
誰もが聞いたことがあるであろうこの菌は
体に住み着く悪い菌の代表的な存在と言っても
過言ではないかもしれませんね。

 

 

なんとなく名前も可愛らしいので
まさか悪い菌だとは思わなかった
と驚かれる人もいるかもしれません。

 

 

そんなピロリ菌はというと
どういった検査でピロリ菌の存在が発覚するのか
いまいちわからないという人もいるようです。

 

 

まずピロリ菌について見ていきましょう。

 

 

ピロリ菌というのは、本当に小さな菌で
胃の中に住み着きます。

 

 

そのためピロリ菌が胃の中にいると
胃にまつわる病気を引き起こす原因となったり
十二指腸などの病気のリスクも高めることとなります。

 

 

また厄介なのが菌の強さ。

 

 

一度感染をし、ピロリ菌が胃の中にいると
それを取り除くまでは
ほとんどの場合その場に居続けてしまうのです。

 

 

そのためピロリ菌に感染をしたら
除菌をすることが何よりも大切である
ということですね。

 

 

もし放置をするようなことがあれば
胃がピロリ菌の侵され続けることとなるため
胃や腸の病気が引き起こしやすくなったり
さらに胃がんの可能性も高めてしまうため
絶対に避けたいことなのです。

 

 

ではピロリ菌の検査について
見ていきましょう。

 

 

血液検査でわかる?という疑問がありますが
実は血液検査だけではピロリ菌の有無はわかりません。

 

 

よく血液検査でピロリ菌がいるかわかる
ということも耳にしますが
血液検査でわかることは
過去に感染があったか、という点についてだけなのです。

 

 

血液検査でわかるのは
現在のことではなく、過去のこと
ということなのです。

 

 

また通常の血液検査では
ピロリ菌が過去に存在していたか
ということまでは調べないことが多いということ。

 

 

そのため血液検査でピロリ菌のことを調べたいのであれば
医師にまず相談をするといいでしょう。

スポンサードリンク

検査キット尿素呼気試験法の費用は?

では現在、ピロリ菌がいるのか
有無を調べる場合はどうすればいいのでしょうか。

 

 

やはり一般的な理由としては
胃カメラによって検査をし
ピロリ菌を調べる方法です。

 

 

しかし胃カメラというのは
体に負担がかかりますし
なるべくやりたくないという人も多いですよね。

 

 

そこで体にも負担がかからず簡単に出来るのが
尿素呼気試験法というもの。

 

 

やり方は簡単で
30分ほどでピロリ菌の有無も判定できるなど
手軽にピロリ菌を調べることができるということで
多くの人が試している方法ですね。

 

 

仕組みは、尿素を含んでいる検査薬を飲み
ただ呼吸をして待つだけという簡単なもの。

 

 

何故こんな簡単なことでわかるかというと
薬を内服する前後での
呼気に含まれている二酸化炭素量を比較することで
ピロリ菌の存在がわかるようです。

 

 

そもそもピロリ菌というものは
胃酸に含まれている尿素を
アルカリ性と二酸化炭素に分解をし
アルカリ性を体にまとって
胃の中に居座ることが出来ます。

 

 

強い酸性の胃の中では
アルカリ性をまとわなくてはいけない
ということですね。

 

 

そうすると二酸化炭素だけがあぶれて
呼気として排出されていきます。

 

 

つまり、尿素が含まれている検査薬を飲むことで
意図的にピロリ菌に尿素を分解させることで
もしピロリ菌が体内にいるのであれば
検査前後では二酸化炭素の量が変わるのは一目瞭然ということ。

 

 

体に負担もなければ
こんな簡単に検査ができるとなると
今まで気になっていた人にとっては
チャレンジしやすいですよね。

 

 

しかし気になるのがその費用。

 

 

実は健康保険がきかないため
事故負担となり、病院やクリニックによるものの
数万円は覚悟をしたほうがいいということ。

 

 

何故健康保険がきかないかというと
そもそも健康保険というものは
病気をしているのを前提で負担をしてくれるものなので
ピロリ菌がいるかどうかの検査の段階では
病気が発覚していないといえます。

 

 

また、ピロリ菌は多くの人の中に存在をしているようですが
ピロリ菌が原因で引き起こされる病気の治療法として
ピロリ菌の除去が完治に至るかどうかは
今の医学では証明されていません。

 

 

そのため、ピロリ菌にことに関しては
医師によく今の現状や、自分のことを相談した上で
治療をしていく必要があるということなのです。

 

 

国によって指定されている
ピロリ菌が原因で引き起こされる胃潰瘍などの場合は
保険が下りるようですね。

 

 

手軽に受けられる検査なものの
ピロリ菌に関することは結構難しいもので
しかも費用が高いとなると
やはり検査はしづらいかもしれません。

 

 

そこでオススメをしたいのが検査キットの存在で
だいたい5,000円~10,000円で
ネット販売をしているようなので
手軽に簡単にピロリ菌の存在だけを調べたい場合には
検査キットを試してみるほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。