悪質クレーマー対応はどのように?おもわず笑ってしまう事例を紹介!

この記事は3分で読めます

悪質クレーマーに遭遇してしまうと
トラウマになることもあったり
何度もされるクレームに
頭を抱えてしまいますよね。

 

 

悪質クレーマーへの対応って
どのようにすれば正解なのでしょうか?
また、おもわず笑ってしまう事例についても
今回は紹介していきます!

スポンサードリンク

悪質クレーマー対応はどのように?

悪質クレーマーに遭遇をしたら
大変ですよね。

 

 

理不尽なクレームをつけられて
答えられようにも答えられなかったり
どうしようもないことでクレームをつけられたり
特に接客業を中心とした業種で働いている人は
遭遇をしたことがあるという人も
多いかと思います。

 

 

どこにでも潜む悪質クレーマーは
仕事のモチベーションを下げるだけでなく
面倒事を増やしていく存在ですし
長々とした理不尽なクレームに
仕事の時間をとられてしまった
なんてことがある人もいるでしょう。

 

 

しかしそれでも
お客さん、という立場は強くて
こちらから上に出れないというのも
正直なところですよね。

 

 

そんな立場を利用して
悪質なクレームをつけまくる
悪質クレーマーは最大の天敵と言えるかもしれません。

 

 

このような場合
どう対応していけばいいのかって
悩みませんか?

 

 

クレーム内容にもよりますが
悪質クレーマーの特徴として
とにかく怒っていることが挙げられます。

 

 

そういった怒っているクレーマーに関しては
とにかく謝って、相槌をうち
話をきくようにしましょう。

 

 

そのうち疲れてしまって
気力もダウンしていくので
このままお客さんが疲れて落ち着けるのを待つほうが
最善だと言えます。

 

 

そしてこちら側に明らかな落ち度がある場合には
丁寧に重ねてお詫びをし
もしこちら側に落ち度はないという場合には
相手を不快にさせてしまったことについてだけ
謝るようにしましょう。

 

 

気持ちを不快にさせてしまったことだけを謝る
というのも、こちら側に落ち度がなかった場合
謝る意味を明確に伝えないと
相手の思うツボになってしまうこともあります。

 

 

そのため、何について謝罪をしているのかというのを
明確にしていくようにしましょう。

 

 

飲食店などで
「味が合わないから料金を払いたくない」
という悪質クレーマーも多くいます。

 

 

しかしほとんどの場合
これはお客さんが注文した料理を作り、提供をして
それを口に含んだという時点で
売買は成立しているわけになるため
そんなクレームが通ることはありません。

 

 

もし料理に混入物などが入っている場合には
こちらが謝罪をし、時には料金を頂かないこともあると思いますが
ただ味が合わないから料金を払わないというのは
無銭飲食になります。

 

 

そのため、そのことを伝えつつも料金を支払う意思が見られない場合は
警察を呼び、対処してもらうことが必要となります。

 

 

無銭飲食は犯罪に当たりますし
ほとんどの飲食店では、このようなケースの場合
警察を呼ぶことになっていると思うので
警察に任せますということを相手に伝えて
対処をしていきましょう。

 

 

悪質クレーマーに関しては
とりあえず何について怒っているのかということや
謝罪をするポイントがある場合は
しっかりと謝罪をすることが大切となります。

 

 

そして理不尽で自分勝手なクレームに関しては
決して謝らないようにして
しかるべき措置を取っていきましょう。

 

 

お客さんは大切な存在ですし
こちら側としては上の存在なイメージですが
それでも何をしていいというわけではないため
下手に下に出ないように気をつけましょう。

スポンサードリンク

おもわず笑ってしまう事例を紹介!

悪質クレーマーは頭を悩ませるものですが
中にはおもわず笑ってしまう事例もあり
時に楽しいと思うときもあるようです。

 

 

そのいくつかを紹介していきます。

 

 

【コンビニバイト】ではお酒やタバコを購入する際
年齢確認ボタンがレジの画面に出されるようになっていて
老若男女問わずに押してもらう決まりがありますが
一人の老人がタバコを買いにきた際にボタンを押すように求めたら

「どうみたって成人以下じゃねぇか!それなのに押さなきゃいけないのか!?」

と店員に怒鳴り散らしていき、決まりですので…という店員に
同じようなことを喚いていく始末。

「もうこのコンビニでは買わない!あっちのコンビニで買うからな!
 もうこんな店利用しないからな!」

と吐き捨てて出て行ったものの、どこのコンビニも同じ対応であることは変わりなく
ただ押せばいいだけなのに…と思った。

 

 

コンビニバイトをしている人は
結構こういった悪質クレームというか、物言いに
遭遇したことがある人も多いかもしれませんね。

 

 

【大型スーパーバイト】で、迷子の子供がいたので
サービスカウンターに連れて行く途中、母親らしき人に会ったものの

「うちの子に何したの!?連れ去るなんて酷い!」

誘拐犯扱いされた。

 

 

近頃スーパーなどで子供を野放しにして
ショッピングに没頭する親御さんをたくさん見かけますが
子供を気にかけると鬼のような形相をする人も
多いですよね。

 

 

悪質クレーマーに多くは、理不尽であったり
自分の不注意によって引き起こされたことに怒ったりと
店側からしたらいい迷惑…というのが正直なところですが
そういった場合には臨機応変に対応をして
業務に支障がでるレベルでクレームが酷くある場合には
警察に届けたほうがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。