女性の出産適齢期は何歳まで?仕事を選ぶ人続出?

この記事は3分で読めます

将来的に子供を持ちたいと思っている人は
女性だけでなく男性の中にも多いですよね。
しかし近年結婚率が低下、出産率が低下をして
話題となっています。

 

 

今回は女性の出産適齢期に注目。
出産適齢期は何歳までなのでしょうか?
また、出産よりも仕事を選ぶ人が続出とのことですが…。
早速見て行きましょう。

スポンサードリンク

女性の出産適齢期は何歳まで?

女性の将来設計図の中には
いつか子供を産みたいというものが
ある人が多いかと思います。

 

 

結婚をして子供を作るというのは
おそらく男女問わず
将来的に考えている人も多いと思いますし
憧れますよね。

 

 

しかし、晩婚化が加速しているということもあり
女性の高齢出産が増えてきているということでも
話題にあがっています。

 

 

出産適齢期を過ぎての出産というのは
母子ともにリスクを伴うものであり
かなり危険があると言われていますよね。

 

 

そのため、出来るだけ出産適齢期に出産をすることが
必要となってくるものの
その間に結婚もして、子供を作る余裕を持って
というのはなかなか難しいかもしれません。

 

 

女性の結婚適齢期は
20代だということ。

 

 

というのも30代になってくると
女性の生殖機能はどんどん低下をしていき
限界と言われるのが41歳までと言われています。

 

 

そのため、早い人だと30代のうちから
不妊治療を行う人もいるようですね。

 

 

月経があるのだから
閉経するまで問題ないのではないか?
という声もあります。

 

 

しかし妊娠というものは
体の状態が健康であること
子宮などの生殖機能が健康状態
若いことが条件になって成り立つため
年齢と共にこれらは老化をしていってしまうのです。

 

 

そのため月経は続いていても
生殖機能はどんどん低下をしていくため
妊娠がしづらくなってしまうということ。

 

 

なので、出来るだけ20代のうちに
妊娠、出産をすることが
子供がほしい人にとっては確実であり
母子共にリスクも軽減されると言えます。

 

 

特に何人か子供がほしいという場合には
出産適齢期を意識して
計画的に妊娠をしていかないと
難しくなってしまうのです。

スポンサードリンク

仕事を選ぶ人続出?

少子化が問題となっていますが
先ほど女性の出産適齢期を見てわかるとおりに
出産適齢期はかなり短い時間
ということがわかりますよね。

 

 

20代というと
大学を卒業して、就職をして
バリバリ働くという人も多いでしょう。

 

 

女性の社会進出によって
男性同様に働く女性が増えてきているため
仕事に生きがいを感じている人も多いといえます。

 

 

しかしいざ結婚や出産となると
男性よりも女性にとっての負担はかなり大きく
仕事を辞めざるを得ない場合や
長い間休む必要も出てきます。

 

 

まだ、女性の結婚や妊娠についての理解が
追い付いていない部分もあるため
どこか悪い気持ちを感じてしまう女性も多く
仕事のことを考えると結婚や出産に対して
億劫になってしまう人はかなり多いということ。

 

 

実際結婚はして、仕事も続けるけれど
子供を作るのはかなり大変ですよね。

 

 

会社を辞めなければいけないかもしれませんし
辞めないにしても長い間休むことになり
会社に迷惑がかかってしまいます。

 

 

さらに、日本の環境を考慮してみると
子供を育てやすい環境とは
言えないですよね。

 

 

経済的な理由が大きくあり
お互いの稼ぎだけでは
とても子供を作って育てていくことは
難しいかもしれないと思い
仕事を選ぶ人は多いということ。

 

 

特に女性は将来に関して
計画性を求める生き物でもあるために
先行きが不安ということを考えると
出産は諦めて仕事をしたほうが
経済的にも余裕が出て自分の為にもなるのではないか
という考えを持つ人が増えてきているようです。

 

 

確かにそのとおりかもしれないと
納得してしまうところも多いため
そう考えると少子化の原因も
なんとなくわかってきてしまいますよね。

 

 

昔と比べると女性は社会で働きやすくなった
ということが言えますが
その反面で結婚や出産がしにくくなった
ということも言えます。

 

 

将来、自分にとってどちらが大切なのか
どちらも大切ではあるものの
現実的に見るとやはり仕事を選ぶ人が多いというのも
当たり前なのかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。