むくみや頻尿は心不全のサイン?高齢者の症状とは?

この記事は3分で読めます

最近体がむくむことが多い
トイレが近い気がする…。
それってもしかしたら心不全かもしれません。

 

 

むくみや頻尿は隠れ心不全のサインということを
ご存知ですか?
今回はそんな心不全に注目。
高齢者の症状についても見て行きましょう。

スポンサードリンク

むくみや頻尿は心不全のサイン?

病気のサインというものは
本当に些細なこともあるため
病気だと気づかないことも多いですよね。

 

 

そのため、もしかしたらこれは病気なのかもしれない
という疑いの心を持つことも大切であり
それには病気の症状について知っておく必要がある
ということが言えるでしょう。

 

 

今回注目する心不全にも
隠れ心不全と言われる症状があり
とても些細なものとなっています。

 

 

その症状というのが
むくみ頻尿

 

 

むくみや頻尿というものは
生活習慣によってなりやすさは変わりますし
一概にこれらの症状が出ているから
心不全かもしれない、なんて思えないかもしれません。

 

 

しかし最近になって
やたら体にむくみが出てしまう場合や
トイレが近く頻尿気味になってしまった
という変化が見られる場合には
心不全を疑ったほうがいいということ。

 

 

まずはむくみの症状についてですが
単なるむくみではなく
例えば足の皮膚を押した時に
長い時間痕が残っている場合などの
酷いむくみ。

 

 

これほど酷いむくみというのは
心臓の働きであるポンプ機能が
上手く働いておらず
その結果としてむくみを招いてしまうことが
あるということ。

 

 

心不全というのは
この心臓のポンプ機能が弱まっている状態のことなので
むくみはとてもわかりやすい症状だと言えます。

 

 

特にむくみの原因になるようなことをしていなかったり
酷いむくみが現れるようになった場合には
心臓の機能が低下をしているかもしれないということですね。

 

 

次に頻尿について。

 

 

夜の間5回以上トイレに行くというのは
かなりの頻尿ですよね。

 

 

体のほとんどは水分で出来ていると言いますが
この水分こそ心臓のポンプ機能によって
上手く体中を循環しています。

 

 

むくみというのが
この水分が上手く循環できずに
一箇所にとどまってしまうことで出来てしまうのです。

 

 

そして夜になると
この上手く循環できずにいた水分は
尿へと変わっていってしまうのです。

 

 

そのため、夜にトイレの回数が多くなり
頻尿気味になってしまうということ。

 

 

つまり、むくみと頻尿というのは
心不全の症状では
つながっているようなものなのです。

 

 

最近酷いむくみに悩まされているという人や
夜のトイレが3回以上行くようになってしまったという人は
心不全の可能性が高いと言えるので
一度病院で検査をしたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

高齢者の症状とは?

高齢者になってくると
加齢と共に体が衰えてくるため
「年のせいだから」といって
症状を見逃しがちになってしまいます。

 

 

特に心不全に関しては
見逃す人も多いということで
病院に救急車で運ばれるというケースも少なくありません。

 

 

高齢者にとっての心不全の症状というのは
こちらもむくみや頻尿が挙げられます。

 

 

他にも息切れや疲れやすいなど
疲労感がかなり酷く現れる場合には
心不全を疑ったほうがいいでしょう。

 

 

疲労感というと
年のせいと思われがちでもありますが
かなり体が疲れるほどの症状が出るので
ぐったりとした疲れを感じた場合には
心不全や他の病気のサインかもしれません。

 

 

またむくみや頻尿に関しても
先ほど紹介した通りに
揃って症状として現れるので
見極めることが大切です。

 

 

むくみに関しては
顔や足など、目にみえてわかる場所に
症状が現れてくるので
むくみ症状が出たら病院に行くようにしましょう。

 

 

急に体重増加をする場合もあるようなので
体重のチェックも毎日行っていくと
体の変化についてわかりやすいかもしれませんね。

 

 

高齢者の心不全は
高齢者だから、という理由で片付けられてしまう症状が
数多くあり、見逃しがちになってしまいます。
しかししっかり疑って症状を見てみると
加齢に伴う症状ではなく、心不全の症状は
ハッキリとわかるものも多いため
何か怪しいと思ったらすぐに病院に行きましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。