高地に住むと肥満になりにくいって本当?日本で一番標高の高い県は?

この記事は3分で読めます

肥満は病気のリスクを高めたり
何より見た目的にもちょっと…という人も多いため
できれば肥満にならないように気をつけたいもの。
そんな中で、実は場所によって
肥満になりやすい、なりにくいが分かれているということで
噂になっているようですね。

 

 

どうやら、高地に住むと肥満になりにくいということらしいのですが
これって本当のことなのでしょうか?
また日本では一番標高が高い都道府県ってどこなのか
気になりますよね。

スポンサードリンク

高地に住むと肥満になりにくいって本当?

肥満にはなりたくない
という人は圧倒的に多いと言えます。

 

 

リスクがたくさん伴いますし
何より、生活がだらしないと思われることも多く
周りからの目などを気にしてみると
できれば痩せていたいという人も多いでしょう。

 

 

生活によって太りやすい体質
痩せにくい体質にもわかれているため
どうしても肥満になりがちで
ダイエットを頑張っているという人も
少なくないと思います。

 

 

簡単に太ることはできるけれど
痩せることはできない
そういったことから日々努力をして
肥満にならないように気をつける人や
肥満だという人はスリムになれるように
ダイエットに励んでいると言えます。

 

 

さて、そんな誰もが悩むことがありそうな肥満ですが
なんとアメリカの研究によって
【高地に住むと肥満になりにくい】
という驚くべき研究結果が発表されました!

 

 

もしこれが本当なのであれば
肥満から脱出をしたい…という人にとっては
朗報とも言えるかもしれません。

 

 

何故こういった研究結果が出たというと
実際に海抜に近い標高地点に住む人と
コロラド州の高地に住む人を比べてみた結果
なんと、海抜きに近い標高地点に住む人は
高地に住む人と比べて
4~5割肥満になりやすいという結果が出たということ。

 

 

さらに研究を進めていき
高地地方の人はアメリカの中でも
最も肥満が少ない地域として結果がでたということ。

 

 

実際、何故こういった結果が出たかという
明確な答えはわからないものの
標高の高さが、食欲やカロリー消費などに
大きく影響をしているのではないかと言われています。

 

 

肥満がちだという人の共通点というと
食欲があったり、カロリー消費が上手く行われなかったりして
太ってしまうということ。

 

 

実際標高が高いと
人の体は低地と比べると変化が出るため
確証は得られないものの
可能性は高いですよね。

 

 

ネット上でもこのことについては話題になっているようで
実際に日本国内でも高地に住んでいた時には痩せていたのに
低地に移動して太ったという経験談を持つ人もいるようです。

スポンサードリンク

日本で一番標高の高い県は?

日本でも言われてみれば…という人がいるように
標高が肥満に関係しているというのは
少なからず影響がありそうですよね。

 

 

本気で痩せたい!という人にとっては朗報で
特に引っ越しなどを考えている人は
それならば出来るだけ標高が高いところで生活をして
身を持ってそれを検証したい!という人も
少なくないと思います。

 

 

では日本で一番標高の高い都道府県って
どこなのでしょうか?

 

 

一番高い県というのは
どうやら長野県で11326mということ。

 

 

ゴルフをやっている人にとっては
なんとなく想像できた人もいるかもしれませんが
長野県のゴルフ場は標高が高いことから
涼しいゴルフ場が多く人気なんですよね。

 

 

ちなみに一番低い場所は千葉県のようで
やはり海に面していると低く
山がたくさんあり、海に面していないと
標高が高いということ。

 

 

そのため、出来るだけ標高が高いところに住みたいのであれば
山がある都道府県を選べば
研究結果をもとに考えてみると
痩せやすくなるということが言えるようです。

 

 

実際確証もない結果であるために
必ず痩せる、ということは言えないものの
もし近場に標高が高い場所があるのであれば
その近くに住んでみるといいかもしれません。

 

 

また当たり前のことですが
標高が高い場所に住むだけで無条件で痩せるというわけではないので
痩せたいというのであれば
ダイエットをすることや、生活習慣を見直すことも大切です。

 

 

今後追加で研究結果が出されることもありそうですが
本気で痩せたい!という人は
高地付近に引っ越しを考えてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。