バンパーのへこみをDIY補修!ドライヤーで直すことができる?

この記事は3分で読めます

車の傷って出来てしまうとショックで
修理代いくらだろうか…と頭を抱えてしまいますよね。
できれば自分で補修をしたいと思っている人も多いようで
バイパーの傷を補修する方法について
調べている人も多いようです。

 

 

今回はそんなバイパーのへこみをDIYで補修する方法について
注目していきたいと思います!
なんとドライヤーで直すことができるようですが…?

スポンサードリンク

バイパーのへこみをDIY補修!

車の修理代って高くて
お財布には大ダメージですよね。

 

 

なるべく傷をつけないように…と思っていても
思いがけずにできてしまうバイパーのへこみは
気持ちもへこんでしまうほど痛いもの。

 

 

何より車を乗る人にとって
傷やへこみがある車はかっこ悪いですし
なんとしてでも直したいですよね。

 

 

そのため、しょうがない…という気持ちで
修理に出して高い修理代を泣く泣く出す人も
少なくないでしょう。

 

 

そんなバイパーのへこみや傷ですが
自分で直すことができればいいのになぁと
思ったことってありませんか?

 

 

実はバイパーのへこみや傷は
DIYで補修することができる!ということで
最近自分で修理をする人が
増えてきているようなのです。

 

 

業者に頼むより
自分で直したほうが費用を抑えられますし
何より自分が満足行く程度に直すことができるので
都合もいいですよね。

 

 

またタイミングがあわなくて業者に頼めないという人も
自分で直す分には空き時間に修理を当てることが出来ますし
どれだけ時間をかけようが、かけまいが自由ということ。

 

 

やり方については
へこみや傷の具合、修理が必要な場所によって
異なってくるためにこれだ、という方法はないものの
ネットなどで検索をしてみると
DIYで自分で修理をする方法がたくさん出てくるので
自分がしたい修理方法を知ることが出来るのです。

 

 

車は愛好家も多いので
修理に関してはプロ並という人も多く
そういう人はブログなども書いていたりするので
チェックをしておくともしものときに
役立つかもしれませんね。

スポンサードリンク

ドライヤーで直すことができる?

バイパーのへこみで悩む人は
車の修理をしたいという人の中でも
圧倒的かもしれません。

 

 

実際に傷やへこみがつきやすい場所ですし
少しぶつけただけで簡単にへこんでしまうため
かなり厄介な問題ですよね。

 

 

放っておこうにも
一番目立つ場所なだけに
それも格好悪いし…と思い
やはりこれも泣く泣く修理に…。

 

 

さすがにバイパーのへこみは
素人の力だけではどうにもならないだろうと
諦めもついてしまうものかもしれません。

 

 

が、しかし!
実はこのバイパーのへこみも
自宅にあるとモノで、しかも簡単に無料で
ある程度まで補修することが出来るのです!

 

 

そのあるモノというのが
ドライヤー

 

 

車とドライヤーなんて
まったく関係がないようにも思えますし
たかがドライヤーでへこみが直せるわけないじゃないか
そう思ってしまいますよね。

 

 

それでも、そんなことを裏切って
ドライヤーでバイパーのへこみを直すことができるのです!

 

 

やり方は至極簡単なことで
へこんでいる部分にドライヤーの熱風を当て
裏から押し出すだけ。

 

 

たったこれだけでへこみが綺麗に戻るなんて
すごく簡単ですし
時間もそこまでかからないので
忙しい人でもすぐに直せるということ!

 

 

ただ、あまり押し出しすぎてしまうと
不自然な形になってしまう場合
バイパーの裏側が補強されている場合などは
やりづらいということもあるようなので
バイパーを外して作業をするほうが
成功率も上がるようです。

 

 

これである程度は直せるということなので
人前に出すのすら恥ずかしいバイパーのへこみも
気にならない程度に直すことができますよね。

 

 

塗装などが剥がれていたり
それでも不完全な場合ならば
やはり業者に頼むことが一番いいですが
ちょっとしたへこみなどの場合は
試してみるといいかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。