中性脂肪を減らす効果的な方法は?食事や運動以外に心掛けることって?

この記事は3分で読めます

中性脂肪ときいて
「あ、耳が痛い…!」と感じる人も
多いかもしれませんね。

 

 

まさに贅肉でもある中性脂肪ですが
減らす方法の中で効率的な方法には
どんなものがあるのでしょうか?
食事や運動以外で心掛けることについても
見て行きましょう。

スポンサードリンク

中性脂肪を減らす効率的な方法は?

中性脂肪
贅肉・皮下脂肪と呼ばれる
脂肪のことですね。

 

 

単純に中性脂肪が多ければ
肥満体型ということになります。

 

 

お腹など、気になる部分について
ぶよぶよのお肉。
まさにこれが中性脂肪。

 

 

見た目的にも
ファッションを楽しんでいく上でも
憎き相手ですね。

 

 

さてそんな中性脂肪
どうしたら減らしていけるのかという
効率的な方法について気になるところです。

 

 

しかしその前に
デメリットと思われがちの中性脂肪の
メリット部分についても見て行きましょう。

 

 

ただただ減らせばいいというだけでなく
しっかりと中性脂肪の良いところ
ということを知っておくことも大切です。

 

 

まず中性脂肪は、食べ物を食べた時に
エネルギーとして消費されなかったものを
脂肪として蓄えられたものです。

 

 

なのでもし必要になった場合には
この中性脂肪をエネルギーに変換し
使っていくということ。
つまり脂肪燃焼ということですね。

 

 

エネルギーというのは
生命活動を送る為に必要不可欠なものなので
中性脂肪がほとんどない!ということになれば
疲れやすくなってしまったりだるくなってしまったりするでしょう。

 

 

また中性脂肪の働きとして
体の内臓を守ることや
体温を一定に保つという働きもしています。

 

 

太っている元=中性脂肪
というのは見られがちですが
ある程度中性脂肪がないと
体は困ってしまうわけですね。

 

 

では本題の
中性脂肪を減らす効率的な方法
について見ていきます。

 

 

一番良いとされているのは
やはり食事適度な運動

 

 

食事に関しては
大食い・偏った食事・脂分・糖質のとり過ぎが
中性脂肪を増やす原因になるために
バランスの良い食事を摂るということ。

 

 

特に中性脂肪を下げる栄養素というものは
体内で作ることができないので
食事によって摂取する必要があります。

 

 

その栄養素というのが、DHA・EPAなどで
青魚を中心に豊富に含まれているものなので
青魚を食事に取り入れるように心がけてみるといいでしょう。

 

 

運動も過度な運動ではなく
少しずつでも適度な運動を心がけるといいでしょう。

 

 

例えば毎日少しずつ歩いてみたり
階段を利用してみたり。
ちょっとの運動だったとしても
運動を全くしない時と比べてみると
やはり効果が徐々に現れるものです。

 

 

中性脂肪を使う、燃焼させる
ということを意識して
適度な運動を毎日心がけてみましょう。

スポンサードリンク

食事や運動以外に心掛けることって?

中性脂肪を減らす効率的な方法として
食事と適度な運動について
見てきました。

 

 

しかしあまりにも注意しすぎてしまうと
ストレスとなってしまうので
最初のうちは無理をせずに
出来る範囲でやるということが大切です。

 

 

中性脂肪を下げるのは短期間で行えるものではなく
長期的に行うものになるので
自分のペースで、できるだけ長く続くようにする
ということを意識してみましょう。

 

 

では食事や運動以外に
心掛けることがあるとすると
どんなことでしょうか。

 

 

やはりそれは意識の問題であり
中性脂肪がたくさんあると
動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが高まるので
病気にならないように
ということを意識することが大切だと言えます。

 

 

そうなってしまえば
家族だったり、友人だったり恋人だったり。
多くの人を悲しませてしまうことになるので
病気の確率を下げたい
ということを意識することが大切でしょう。

 

 

しかし人は、実際になってみないと
病気を実感することが出来ませんし
自分は大丈夫だと思ってしまうものなので
結構これも難しいこと。

 

 

なので真剣に意識をして考える
病気になりたくないと思うよりかは
頭の片隅にでも置いといて
「もしなってしまったら」
という可能性を少しでも持っておくといいかもしれません。

 

 

アルコールや暴飲暴食をしすぎない
運動不足は太りやすい体になる
大きな心がけはやはり食事・運動に関することになるので
こういったことも忘れずに意識をして
中性脂肪を溜めすぎないように
気をつけていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。