元カレの夢を毎日見てしまう意味?誕生日メールが復縁のきっかけに?

この記事は3分で読めます

別れた元カレが夢の中に出てくる
しかも毎日出てくるとなると
何か意味があるのかな、と思ってしまうもの。

 

 

元カレの夢を毎日見てしまう意味って
何かあるのでしょうか?
また誕生日メールが復縁のきっかけに
なっていくようですが…?
早速見て行きましょう!

スポンサードリンク

元カレの夢を毎日見てしまう意味?

別れた恋人のことを思い出すことは
誰もがあるかと思います。

 

 

良い思い出だった、悪い思い出だった
それは人それぞれだと思いますが
あまりにもたくさん思い出してしまうと
未練が自分の中にあるのかもしれない
と思ってしまうものです。

 

 

そんな中でよく耳にするのが
元カレの夢を毎日見てしまう
というもの。

 

 

考えるより夢というと
無意識とも言えるために
毎日元カレが夢に出てくると
本当に未練があるのかも…と思ってしまいますよね。

 

 

夢占いがあるように
夢には昔から意味があると言われており
繰り返し見る夢は特に意味がある
ということも言われています。

 

 

そのため、夢の意味について
事細かに知りたい場合などは
夢占い専門のサイトなどで調べてみる必要がありますが
元カレが毎日夢に出てくる理由として考えられるのは
4つの意味があるようです。

 

 

無意識に元カレとの思い出に触れている

例えば思い出の場所に行ってしまったとか
元カレにプレゼントされたものを持っていたとか
元カレに関しては気持ちがなかったとしても
思い出に無意識に触れてしまったことによって
記憶が呼び戻されてしまっている時は
元カレが毎日夢に出てきてしまうこともあるようですね。

 

今の恋愛に不満がある

今の恋愛に不満があって
元カレとの恋愛が楽しかった場合など
「あの頃は楽しかったな」と振り返ってしまうようです。

今の恋愛がうまく行っていなかったり
恋愛はしていなくて寂しい思いをしていたり
そういった状況から、過去と現在を比較してしまうことで
元カレの夢を毎日みてしまうようです。

 

元カレに未練が残っている

気持ちが強かったりすると夢にその人物などが
出やすくなるのも事実のようなので
元カレに未練が残っているケースもあるようです。

夢の内容でも今では考えられない
自分が望んだ内容のものだったりした場合などは
未練が強まっていると言えるようです。

 

元カレに言い忘れたことがある

未練もなく吹っ切れている場合でも
あの時こう言いたかった、ああしたかったなど
元カレに関して言い忘れたことや
やり忘れたことがあった場合などは
未練ではなく後悔として強い気持ちとして残り
夢にでやすくなってしまうようです。

 

 

以上が一般的に見られる
元カレが毎日夢に出てくる理由として
多いもののようですね。

 

 

そもそもなんで元カレが毎日夢に出てくるのか
自分の中で元カレは今どんな存在で
自分はどんな気持ちを抱いているのかということを
よく考えてみれば心当たりが見つかるかもしれません。

 

 

また、夢の内容によっては
今の恋愛がうまくいく暗示など
現状の恋愛が良い結果を招く意味があるものなどもあります。

 

 

反対に今の恋愛がうまくいかない暗示であったり
ただただ未練が残った夢であったり…。

 

 

夢占いなどで、夢に出てきた物やシチュエーションなどを
詳しく調べてみると
夢の持つ意味をさらに知る事ができると思うので
是非活用していきましょう。

スポンサードリンク

誕生日メールが復縁のきっかけに?

元カレのことを夢などで思い出してしまって
復縁したいなぁと思ってしまうこともあるでしょう。

 

 

しかし別れた関係というのは
連絡をとるだけでも難しいですし
タイミングもなかなかつかめないものです。

 

 

そんなときにオススメをしたいのが
誕生日メールを送るというもの!

 

 

誕生日メールというものは
誰もが気軽に送れるものですし
付き合っていた関係なのであれば
相手の誕生日を知っていても自然なことです。

 

 

なんとなく誕生日メールを送ってお祝いしてみると
相手から返信があり
そこからやりとりが続いていく…ということは
結構あるようなので
復縁に誕生日メールはかなり効果的であるということ。

 

 

元カレの夢を見てしまう
まだ未練が残っているのかもしれない。

 

 

復縁をしたいと感じた時には
誕生日メールで再び接近してみると
チャンスが舞い込んでくるかもしれませんね!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。