マックのアップルパイはバニラシェイクと食べる?正しい温め方は?

この記事は3分で読めます

マック、マクドもとい
マクドナルドは誰もが一度は利用したことがある
人気ファストフード店ですよね。

 

 

さてマックの人気メニューでもある
アップルパイとバニラシェイクですが
一緒に食べると美味しいという噂があるようですね!
また冷えたアップルパイの正しい温め方についても
見て行きましょう。

スポンサードリンク

マックのアップルパイはバニラシェイクと食べる?

お手頃な値段で
しかも日本中どこにでもあるマクドナルドは
多くの人が利用したことがある
ファストフード店ですよね。

 

 

100円マックがあるので
毎日ちょっとした軽食として利用をしている人
昼マックもお手頃価格なので
ランチはマックで済ましている人も
いるかと思います。

 

 

ハンバーガーなどのメインから
ポテトやナゲットのサイドメニュー
また、スイーツにも力を入れていたりと
誰もが利用をしやすいですよね。

 

 

さて、そんなマック
スイーツの中でも人気があるのが
アップルパイバニラシェイク

 

 

実はこの2つを一緒に食べると
さらに美味しいということが
ネットを中心に広まっているようですね。

 

 

甘いものが大好きという人は
アップルパイを頼んで
バニラシェイクをドリンクとして
一緒に頼む人もいると思いますが
どうやらそれとは違った食べ方の様子。

 

 

よく喫茶店などでアップルパイを頼むと
バニラアイスが乗っかっているもの
出ていることもありますよね。

 

 

熱々のアップルパイと
ひんやり冷たいバニラアイスの相性は抜群
本当に美味しくてやみつきになってしまうもの。

 

 

それをヒントに考えたのが
アップルパイとバニラシェイクを
一緒に食べる方法だということ。

 

 

アップルパイをまるごと
バニラシェイクに入れて食べる
という人もいれば
アップルパイを少しずつちぎって
バニラシェイクにつけて食べる
という食べ方。

 

 

確かにアップルパイとバニラの相性は
昔から認められているだけあって
想像しただけでも美味しいのが
伝わってきますよね!

 

 

またテイクアウトをして
自宅でアップルパイを再び温めなおした後にお皿に乗せて
その上にオシャレにバニラシェイクをトッピングするのもオススメ。

 

 

アップルパイもバニラシェイクも
100円マックのメニューなので
これでたった200円というのも
本当お手頃価格ですよね!

 

 

実は結構やっている人がいる
この食べ方。

 

 

甘いものが大好き!
アップルパイとバニラシェイクが大好き!
そんな人は是非お試しください!

スポンサードリンク

正しい温め方?

先ほどアップルパイと
バニラシェイクの美味しい食べ方
について紹介をしてきましたが
もしテイクアウトで食べる場合は
アップルパイを温めなおす必要がありますよね。

 

 

この食べ方ではなくとも
アップルパイを自宅で食べるために
テイクアウトをするという人もし
多いかと思います。

 

 

しかし家で食べるとなると
本来のパリッとした感じがなくなっていて
それをもう一度復活させるって
結構難しいんですよね。

 

 

電子レンジで温めても
元通りにとはならず
落胆した経験がある人も
いるのではないでしょうか。

 

 

どうせ食べるのであれば
あの出来たてのような
サクっとした感触を楽しみたいもの。

 

 

完全に再現!というわけにはいきませんが
実はサクサクを戻す方法は
あるようですね!

 

 

まず用意をするのが
お皿とキッチンペーパーで
お皿にキッチンペーパーを敷いたあと
その上にアップルパイを乗せて
ラップをかけずに電子レンジで
15秒ほど温めます。

 

 

熱さに関しては個人差があると思うので
だいたい10秒~20秒を目安に
調整してみるといいでしょう。

 

 

そのあと、オーブントースターで
表面を少し焼きます。

 

 

そうすると中はじんわりと温かく
表面はサクっとした
あのアップルパイが戻ってくるのです!

 

 

アップルパイ好きにはたまりませんし
自宅でアップルパイ&バニラシェイクを楽しみたい人にとっても
この方法を使えばよりいっそう美味しく食べられますよね。

 

 

是非今回紹介したアップルパイとバニラシェイクの食べ方や
アップルパイ好きな人は正しい温め方を参考にして
美味しいマックを楽しんでみてくださいね!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。