長野マラソン2016エントリー開始はいつ?制限時間が短い?

この記事は3分で読めます

マラソン大会といえば冬!というイメージですが
春のマラソン大会もいいですよね!
特に長野マラソン大会は
毎年春の風を感じながら多くの人が
参加をしている人気マラソン大会です。

 

 

今回は来年開催される予定の
長野マラソン2016について注目!
エントリー開始はいつ?制限時間が短い?など
気になる長野マラソン2016について見て行きましょう。

スポンサードリンク

長野マラソン2016エントリー開始はいつ?

寒さを感じながら走るマラソン大会は
冬に開催されることも多いために
マラソン=冬というイメージが
強いかもしれません。

 

 

確かに夏にマラソン大会というものは聞きませんし
そもそも熱中症などの危険性などもあるため
寒い冬に走って、体をちょうどよく暖めるということが
本当に気持ちがいいですよね。

 

 

しかしそんなマラソン大会も
春に開催されることもあり
少し暖かいような、寒いような
そんな春の陽気に包まれながら走るマラソンも
別格だと言えます。

 

 

春のマラソン大会として代表的なものといえば
長野マラソン大会です。

 

 

今年は2015年は4月19日に開催され
無事に終了しましたね。

 

 

すでに夏も終わりを迎えてきて
冬のマラソン大会の開催も間近に迫ってきていますが
長野マラソン大会に出場したい人にとっては
冬を超えた春にあるその大会について
気になっている人が多いようです。

 

 

まず来年の開催日に関してですが
2016年4月17日日曜日
第18回長野マラソン大会が
開催される予定です。

 

 

すでに例年通りということもあるため
出場をする予定だという人も
特に焦らずにスケジュールを調整することが
出来るかと思います。

 

 

エントリー開始については
すでに発表されており
今年2015年10月24日土曜日から
先着順でエントリーが開始されますので
お早めに申し込みを済ませておきましょう。

 

 

申し込みは
インターネットと電話の二種類であり
ネットでは定員9000人
電話では1000人となっているようです。

 

 

これが毎年かなり争奪戦となっており
なんと去年の場合はエントリー開始から
わずか30分も経たないうちに
定員が埋まってしまったということ。

 

 

インターネットでの申し込み9000人が
そんなに早く埋まるということは
電話ではさらに早いということなので
注意が必要ですね。

 

 

毎年エントリー締め切り時間は
早くなってきているようなので
今年は誰よりも早くという気持ちで
エントリーに備えておいたほうがいいでしょう。

 

 

詳しい募集要項などの詳細は
9月上旬に発表されるため
おそらく例年通りに今年も
9月上旬に公式サイトがオープンすると思うので
随時チェックをして情報収集をしておきましょう!

スポンサードリンク

制限時間が短い?

これだけ大人気の長野マラソン大会ですが
制限時間が短いということでも
話題に上がっているようですよね。

 

 

制限時間が短いというよりかは
来年度からは
少し条件が厳しくなっているということ。

 

 

エントリーをする際に
予想タイムを申告しなければならないということで
タイムが3時間30分以内の人は
今回から公認記録証の写しを提出しなければならないということ。

 

 

目的としては安全性や混乱防止ということですが
まだ情報が少ないというのも現状です。

 

 

そもそも公認記録とは?というところですが
陸連登録をしている人が
公認のレースで出した記録のこと。

 

 

陸連登録に関しては
誰もが気軽に出来るということですが
公認の大会に出場した記録を
予想タイムが3時間30分以内であれば
提出しなければならないという
少々厄介なこと。

 

 

気軽に登録を出来るといっても
走るのが単なる趣味であるという人や
実力はあるけれどそこまで本格的にやっているわけではない
という人に人は多くいて、登録をしていない人は多いと予想できるので
市民マラソンとしてはかなりハードルが高いものとなります。

 

 

詳しいことに関しては
公式サイトがオープンし
詳細が発表された時に掲載されると思うので
見逃さないようにチェックしてみてください。

 

 

多少今回から仕様が変わる長野マラソン大会。
それでも人気が衰えることのない春のマラソンは
走ってみるときっと楽しく気持ちが良いものなので
是非参加をしてみてくださいね!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。