足底筋膜炎の治療法は注射や鍼灸?ストレッチが効果的?

この記事は3分で読めます

足底筋膜炎。
特に中高年に多い足の病気ですが
スポーツを良くする人、スポーツ選手に多い病気として
多くの人を悩ませています。

 

 

今回はそんな足底筋膜炎に注目。
治療法は注射や鍼灸がいいということですが
効果的な治療法は何があるのでしょうか?
またストレッチが効果的だということ。
気になる足底筋膜炎について見て行きましょう。

スポンサードリンク

足底筋膜炎の治療法は注射や鍼灸?

足底筋膜炎
スポーツ選手に多い病気なので
スポーツをしている人は
耳にしたことがあるでしょう。

 

 

また中高年にも多いため
現在自分がそうであるという人や
知り合いが足底筋膜炎に悩まされている
という人もいるかもしれませんね。

 

 

そもそも足底筋膜炎とはどういった病気なのかというと
足の指の付け根からかかとまで、足の裏のほぼ全体にわたり
膜のように張っている筋肉が炎症を起こしてしまい
痛みを起こす病気のこと。

 

 

特にかかと付近に痛みを発症する人が多いようですね。

 

 

足の裏が痛いとなると
歩くのもしんどいですし
立つのも負担がかかるため
この病気は非常に厄介なもの。

 

 

スポーツ選手だとマラソン選手からプロ野球選手
レスリング選手など幅広く発症しており
そうなってくると大切な試合も辞退・欠場することも
珍しくないということ。

 

 

体を鍛えているスポーツ選手ですら
厳しい痛みというのは
一般人にとってはさらに激しい痛みとなりそうですよね。

 

 

足底筋膜炎の治療法について調べてみると
だいたい目に飛び込んでくるのが
【長期戦になる】ということ。

 

 

長期間の間足が不自由になるというのは
本当に不便でありストレスが溜まりますし
周りに迷惑をかけてしまうかも…と
不安になります。

 

 

しかし適切な治療をすることで
短期間で完治することもできる病気ということも言われており
自分にあった治療法を探すことが
一刻でも早く足を治すことに繋がるということ。

 

 

一般的な治療法としては
注射鍼灸などのようで
医師としっかりと相談をしたり
症状や患部の様子をみて
治療を決め、進めていく必要があります。

スポンサードリンク

ストレッチが効果的?

治療法として効果的と言われているのが
ストレッチの存在。

 

 

ストレッチで痛みも緩和することができるため
他の治療と同時に行ってみると
さらに効果を発揮することができるかもしれません。

 

 

このストレッチに関しても
足底筋膜炎がどのような状態なのか
ということを知らなければならないため
医師に相談をした上で
教えてもらうといいでしょう。

 

 

また、治らない原因として
そもそもの原因が完治を長引かせている可能性も
考えられます。

 

 

スポーツをよくやる人の場合だと
無理して動かしたりすれば
症状は悪化をしていきますよね。

 

 

また肥満体型の人は
自分自身の体重の重さに耐え切れなくなり
足底筋膜炎を起こしてしまうことも
少なくありません。

 

 

そのためダイエットをする必要が
必要不可欠となってくるため
生活習慣を見直す必要があるでしょう。

 

 

たとえ自分自身で肥満の自覚がなかったとしても
もし体重の負荷によることが原因だとするならば
考えを改め直したほうがいいかもしれませんね。

 

 

足底筋膜炎は
間違った治療をすれば悪化もすることもあり
治療期間がどんどん伸びていってしまうもの。

 

 

そのため自分の足底筋膜炎の原因は
何なのかということをしっかりとわかった上で
適切な治療法を見つけなければなりません。

 

 

しかし見つけてしまえば
時間をかけずに治すこともできるため
ただ闇雲に治療に没頭するということはせず
様子を見ることが大切です。

 

 

またいくら治療しても治らない場合は
治療が間違っている可能性も考えられるため
病院を変えることもオススメ。

 

 

病院を変えて治ったという人もいるので
視野を広く持ち、自分にあった治療法を
模索していきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。