舌痛症の原因は亜鉛欠乏症?漢方治療で治った?

この記事は3分で読めます

舌が痛いなぁという感じがしても
気のせいかも…我慢すれば治るかも…と
あまり気に留めない人が多いかもしれませんが
実はそれって舌痛症かもしれません。

 

 

舌痛症の原因は亜鉛欠乏症だった!?
舌痛症と亜鉛不足の関係とは一体
どんなものだったのでしょうか。
また漢方治療で治ったようですが…?

スポンサードリンク

舌痛症の原因は亜鉛欠乏症?

舌が痛いことって
結構日常的に起こることかもしれません。

 

 

例えばすっぱいものを食べたときとか
冷たすぎるものを食べた時とか
刺激が多い食べ物が食べた時も
舌が痛い感じがしますよね。

 

 

それには理由があるものですし
何より時間が経てば治っていることも多いので
気にならないこともほとんど。

 

 

なのでなんとなく舌が痛い感じがしても
どうせすぐに治るだろうと思って
気に留めない人も多いかもしれません。

 

 

ただ、もしその舌の痛みに
心当たりが無かったり
痛みが長引くようである場合には
舌痛症の可能性があるのです。

 

 

舌痛症というのは
主に中年女性に多く
舌の先端や縁が痛む事が多いということ。

 

 

舌を観察しても
特に異常が見当たらないために
気のせいかもしれないと思う人が多いというのも
このことから言えるかもしれません。

 

 

痛みは寝る前や緊張状態の時に
出やすいということが言われているため
もしそういったタイミングで痛むようであれば
舌痛症を疑ったほうがいいでしょう。

 

 

は何故舌痛症になってしまうのか
原因を見て行きましょう。

 

 

実はこれだ、という決定的な原因は
まだはっきりとはわかっていないということ。

 

 

ただ、歯を治療している時に使っている金属で
金属アレルギーが原因になることもあるようで
もし治療中に舌痛症の症状が出ている場合には
歯科医に相談をしてみるといいかもしれませんね。

 

 

また舌の痛み以外にも
なんとなく味覚が変わった…などの
味覚症状が出ている場合には
亜鉛欠乏症が原因として考えられます。

 

 

本来亜鉛というのは体内で蓄えることができずに
毎日食品やサプリメントから摂取をしないと
体に取り込むことはできません。

 

 

亜鉛の働きはタンパク質を合成したり
骨の発育をしたりと
体にとっては必要不可欠なだけに
不足してしまうと様々な症状が出てしまいます。

 

 

その中には肌が感想したりシミが出来たり
爪の異常や脱毛、免疫力低下から
精神的障害まで。

 

 

その中には味覚障害もあるので
舌痛症の原因となっている場合も
多いようですね。

 

 

また中年女性に多いということから
ホルモンバランスが崩れるというのも
原因になっている可能性もあるということ。

 

 

自律神経の変調、心理的要素なども
舌痛症の原因になっていることは否めないため
かなり多くの原因が舌痛症を引き起こしてしまう
ということになるようです。

 

 

なので例え舌痛症だったとしても
原因が様々なものがあるだけに、自分自身で原因を特定せず
医師に相談をしてから改善をしていきましょう。

スポンサードリンク

漢方治療で治った?

舌痛症に関する治療法は
先ほども述べた通りに原因が多数あるため
これといった治療法があるわけでもなく
原因を踏まえた上での治療法となっていきます。

 

 

例えば歯の治療などで用いている
金属が原因で舌痛症になった場合には
アレルギーに反応しないものに変更をしたり
取り除くことで症状が改善されていくでしょう。

 

 

亜鉛欠乏症の場合には
亜鉛をとにかく摂取するように心掛けることが
改善法になっていきます。

 

 

そのために漢方薬が治療薬として用いられることもあり
亜鉛不足を解消していくようですね。

 

 

精神的な乱れやホルモンバランスの乱れも
それに伴った薬やサプリメントなどが
薬として使われることも。

 

 

このように原因によって
治療法や治療薬も変わってくると言えます。

 

 

舌痛症を放置していると
舌の痛みを気にして食事を上手くできなかったり
集中力がかけたりもしてしまうので
異常が出ている場合には、気のせいだと思わずに
医師に相談をするようにしていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。