アルミホイルの表裏はどっち?電子レンジで使うと有害物質がでる?

この記事は3分で読めます

アルミホイルの表裏ってどっちがどっちだか
知っていますか?
意外と知らない人って多いですよね。

 

 

どちらがアルミホイルの表なのか裏なのか。
見分ける方法ってあるのでしょうか?
また電子レンジで使うと有害物質がでる
ということも言われていますが
実際は…?
今回はアルミホイルについて注目していきます。

スポンサードリンク

アルミホイルの表裏はどっち?

アルミホイルって
色んなところで役立ちますよね。

 

 

普通の料理でも使いますし
お菓子作りでも使う場面も多いので
結構頻繁にアルミホイルを使っている
という人はいると思います。

 

 

しかし、実際に使ってみると
どっちが表なのか裏なのか
わからないことってありませんか?

 

 

中には表裏がわからないし
きっと大した違いもないだろうから
気にしないという人も多いかもしれませんが
どちらが表裏なのか、気になる人にとっては
とことん気になることだと思います。

 

 

何か見分ける方法があったり
表と裏で違うことがあるのであれば
知っておきたいですよね。

 

 

アルミホイルをよく見てみると
光沢がある方と、光沢がないほうに
わかれていますよね。

 

 

おそらく光沢があるほうが表
光沢がないほうが裏
という認識の人がほとんどでしょう。

 

 

しかし実際、アルミホイルには表も裏もないのです!

 

 

どうしても両面で違いがあると
表裏があるのではないか…?と思ってしまうだけあり
表も裏もないという事実は衝撃的ですよね!

 

 

でもそれならば何故光沢があるほうとないほうで
わかれているのか疑問に思います。

 

 

その謎を解決してくれるのがアルミホイルの製造方法。

 

 

アルミホイルを製造するにあたって
分厚いアルミ箔を二枚重ねてローラーとローラーの間に挟み
薄く伸ばして作られるようです。

 

 

このとき、ローラーに当たる部分と当たらない部分で
わかれると思いますが
ローラーに当たって伸ばされた部分は摩擦により
研磨されることになるので光沢がでてピカピカになるようです。

 

 

しかしアルミ箔を引き延ばしているだけなので
表裏に特に違いもないだけであるため
表も裏もないということ。

 

 

ツルツルとした光沢ある表面は
作業工程上出来てしまうものであった
ということなんですね。

 

 

なのでもしアルミホイルを使う際に
どっちが表だっけ…どっちのほうがいいんだっけ…?
と悩むことがあったとしても
まったく違いがないため、どちらでもOK!

 

 

光沢があるほうがいいな、ないほうがいいな
という気分で変えたりして
アルミホイルを活用していきましょう!

スポンサードリンク

電子レンジで使うと有害物質がでる?

アルミホイルを電子レンジで使うと
有害物質が出るということが
言われていますよね。

 

 

もしこれが本当であれば
電子レンジを使う料理に
アルミホイルはなるべく使いたくありませんし
どの程度の有害物質が出るのかということも
気になるかと思います。

 

 

また電子レンジ=加熱ということもあり
加熱をする料理や蒸し料理などで
アルミホイルを使う場合も要注意が必要?
ということで心配の声も少なくないようです。

 

 

結論からいうと
体に影響が出るほどの有害物質はでない
ということ。

 

 

蒸し料理などをしているときにアルミホイルをみてみると
水蒸気や料理に含まれる塩分によって
アルミホイルは溶けているのがわかると思います。

 

 

料理のほうもよくみてみると
正体不明の細かいものが落ちていると思いますが
この正体不明のものが
溶け落ちたアルミホイルです。

 

 

なので加熱などをする料理にアルミホイルを使う場合
アルミホイルが溶け落ちて料理に紛れる
ということは事実。

 

 

しかし本当に少量であるために
食べたとしても体に影響がでるほどの
有害物質は含まれていないため
問題はありません。

 

 

そもそも、もし体に影響が出るほどの
有害物質が出るのであれば
調理目的の使用を全般的に禁止され
アルミホイルの製造は中止されているかもしれません。

 

 

アルミホイルを使った料理法はたくさんあり
覚えれば便利なものもあれば
後処理が楽になるものもあるので
アルミホイルを活用して
料理を楽しんでいきましょう!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。