脳出血の前兆はどうのような症状?後遺症はリハビリで回復できる?

この記事は3分で読めます

病気には前兆があり
それをいち早く察知することによって
その後が大きく分かれてきます。

 

 

今回は脳出血について注目。
脳出血の前兆はどのような症状なの?
後遺症はリハビリで回復できる?など
気になり脳出血の疑問について
見て行きましょう。

スポンサードリンク

脳出血の前兆はどのような症状?

突然病気が発覚して
すでに手遅れの状態だった。

 

 

そんな事態は避けたいものですが
前兆を見逃していたり
自分は大丈夫、とどこか他人ごとになっていると
その瞬間は無慈悲にもやってきてしまうものです。

 

 

なので事前情報として
病気の前兆を知って
何か体が不調やどこかいつもと違ったところがあった場合は
その前兆と照らしあわせて用心をするに越したことはありません。

 

 

今回注目していく脳出血
手遅れになれば取り返しの付かないことになる
恐ろしい病気でもあるために
前兆を知って、日々自分の体は大丈夫かどうか
チェックをしておく必要があります。

 

 

まず脳出血がどういった病気なのかを見てみましょう。

 

 

脳にはたくさんの血管がありますが
なんらかの原因でそれらの血管が破れたり壊れてしまい
脳の中に血液が出血してしまう状態のこと
脳出血といいます。

 

 

こうなってしまうと、意識障害麻痺などの症状が現れたり
流れた血液が凝固し血腫になってしまうと
やがて大きさを増していき脳浮腫となり
頭部を圧迫していってしまいます。

 

 

最悪なケースの場合だと
脳浮腫が脳幹部を圧迫することになるので
死に至る場合もあります。

 

 

近年だと脳出血に寄る死亡率は低下をしているものの
後遺症で悩む人はたくさんいたり
発症率そのものが減っているわけでもないので
用心が必要であることは変わりありません。

 

 

原因として挙げられるのが高血圧
なんと全体の7割も占めているということ。

 

 

高血圧は他の病気の可能性も高めるため
原因を作らないというのは
何よりも大切なことだと言えます。

 

 

では脳出血の前兆について見て行きましょう。

 

 

やはり脳の血管が破れたりしているため
脳にまつわる症状が出て行きます。

 

 

頭痛や嘔吐から、麻痺、感覚障害
他には呼吸異常やめまい、歩行障害など
脳のどの場所に異常が現れるのかはわからないので
症状はたくさんあるものの
強い頭痛などを感じた場合には疑ったほうがいいかもしれません。

 

 

また普段から血圧が高めと言われている人は
それだけ脳出血の確率も上がっているため
より注意をしたほうがいいでしょう。

 

 

もしこれらの症状が見られる場合には
脳出血をしている場合もあるので
手遅れになる前に早めに病院に行き
検査を受けましょう。

スポンサードリンク

後遺症はリハビリで回復できる?

脳出血での死亡率は低下をしつつあるものの
後遺症で悩む人がたくさんいるというのは
今も変わらないようです。

 

 

後遺症が出てしまった場合
リハビリをして少しでも回復できるできるように
というのが脳出血の後遺症を抱える人の最大の課題であるため
リハビリを続けることによって
後遺症を少しでも回復させることは可能のようです。

 

 

しかしやはり重度な症状を持っている場合などは
リハビリをしても思ったように回復が現れなかったりするため
後遺症が出てリハビリで回復をしたいのであれば
やはり軽度なうちに脳出血の治療をして
リハビリをする必要があります。

 

 

脳にある血腫が大きければ大きいほど
脳に与えている影響も多いため
それだけ回復は難しくなってきますし
影響が小さければリハビリによる回復が望めるというのも
わかりますよね。

 

 

また、血腫によって影響が出てしまった部位のほとんどは
機能が回復しないということ。

 

 

ただ、この場合も対処が早ければ早いほど
血腫が消滅するスピードも早まってくると言われています。

 

 

脳出血にならないためにも原因を見直すことが大切ですが
脳出血になってしまったときのためにも
前兆を知っておくことや、対処が早ければ早いだけ
リハビリによる回復を望めるということ。
これらをしっかりと覚えておくことが
いざという時のために役立つことなので
今回紹介したことを参考にして
脳出血に関する知識を高めていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。