うつ熱の症状や対処法とは?発熱とは何が違う?

この記事は3分で読めます

うつ熱とはご存知ですか?
夏バテ、熱中症、脱水症状
この猛暑の中でよく耳にする言葉ですが
うつ熱のことも知っておいたほうが
予防・対処のためにもいいかもしれません。

 

 

ということで今回はうつ熱に注目!
うつ熱の症状や対処法とはどうすればいいの?
ということから、発熱とは何が違う?ということまで
うつ熱について見て行きましょう!

スポンサードリンク

うつ熱の症状や対処法とは?

夏バテ、熱中症、脱水症状
夏で気をつけたい3大症状
といっても過言ではないものですよね。

 

 

ニュースなどでも注意を喚起していますが
それでも実際になってみないと
その危険性やなりやすさというものは
わからないかもしれません。

 

 

なのでできるだけ症状を知る
ということが予防法にも繋がりますし
なってしまった場合のためにも
対処法を知っておくだけで
迅速に行動を取ることができます。

 

 

これらの症状は悪化をすればするほどに
悪い方向に進んでいってしまうため
対処法を知っているか知っていないかが
かなり重要になっていきます。

 

 

さて、今回注目するうつ熱ですが
これは熱中症の原因にもなる
危険な症状の1つ。

 

 

そもそも人の体というものは
通常、体温が常に保たれている状態ですよね。

 

 

寒いときでも暑いときでも
気温に左右されずに保っていられるからこそ
体の機能は異常をきたすことがなく
働くことができます。

 

 

これは、体の中で
体温を調節することができる機能があり
暑ければ熱を体外に排出することで
寒ければ体内で熱を暖めて
そういったことで体温が上手く保たれていっています。

 

 

うつ熱というものは
体温を調節することができずに
熱が体内にこもってしまい
上手く排出できない状態を指します。

 

 

暑ければ人は汗をかいて
熱を排出していきますが
うつ熱状態になってしまうと
汗をかいても熱が下がらずに
体の中で熱がたまりにたまってしまい
熱中症になって様々な症状が出てしまいます。

 

 

つまり、熱中症の一歩前の状態
ということが言えるかもしれません。

 

 

さらに熱を排出するために
人は汗をかいていきますが
熱はこもったままで汗を出し続けてしまえば
水分と塩分が足りなくなり
脱水症状にもなってしまいます。

 

 

こうなってくると
生命の危機でもあるために
最悪死に至るケースもあるでしょう。

 

 

熱中症での死亡者というものは
このうつ熱状態になり熱中症や
脱水症状がさらに悪化をしていき
死に至ってしまうようです。

 

 

もしかしたらうつ熱状態の症状というのに
心当たりがある人は
意外と多いのではないでしょうか。

 

 

暑さの中でどこか具合が悪い
汗がダラダラ流れるのに熱が引かない
頭が痛い、吐き気がする、と
体調が悪くなった経験がある人は
まさしくそれがうつ熱状態であると言えます。

 

 

誰もが簡単になってしまううつ熱状態は
熱中症や脱水症状の一歩手前のサインなので
すぐに涼しいところで休み
水分補給などをして体を休めるようにしましょう。

スポンサードリンク

発熱とは何が違う?

うつ熱ときくと
発熱と似ている感じがして
違いはあるのか、と疑問に思う人も
少なくないかもしれません。

 

 

実際文字を見ただけだと
熱と似ている感じがするので
違いがわかりませんよね。

 

 

発熱には種類がありますが
主に細菌やウイルスにより熱が出てしまう場合や
体調が崩れてしまったときに出てしまう熱など
病気で体温が高くなってしまうことを指します。

 

 

発熱中というのは
体の中にいる細菌やウイルスを
白血球などの細胞が攻撃しているときに
起こるものです。

 

 

つまり熱が上がっているときというのは
体の中で、体の悪いものを退治している瞬間なので
発熱の中には、あえて熱を冷まさずに経過を見たほうがいい場合も
あると言えます。

 

 

ではうつ熱というと
ウイルスなどを退治しているというわけではなく
体内の体温調整が上手くできない状態であるため
まったく違うものになります。

 

 

発熱状態は体にとって良い場合もありますが
うつ熱状態というのは体にとって悪い状態であるため
一刻もはやく熱を冷まし、体を休ませる必要があります。

 

 

うつ熱にならないためには
一般的な夏バテ、熱中症、脱水症状対策と同じように
暑さ対策をしたり、塩分・水分補給をしっかりすることや
栄養バランスの摂れた食事をすることで
できるだけ体を丈夫に保っておくことが重要になります。

 

 

まだまだ夏は始まったばかり。
うつ熱にならないように
熱中症対策をして、夏を満喫していきましょう!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。