七五三を3歳早生まれ男の子はいつやるの?母親の服装は?

この記事は3分で読めます

子供の晴れ舞台
その1つが七五三ですが
初めて迎える3歳の七五三って
わからないことだらけで不安ですよね。

 

 

特に3歳で早生まれの男の子は
いつやるのがいいの?と疑問に思う人が多いようなので
今回は初めて七五三を迎える人必見の情報を紹介!
母親の服装についても見て行きましょう。

スポンサードリンク

七五三を3歳早生まれ男の子はいつやるの?

七五三というと
子供の晴れ舞台のために
子供も親も、そして祖父母も
たくさんの人が心待ちにする瞬間ですよね。

 

 

子供にとっては
初めてとも言える晴れ舞台であるために
初めての着物、初めてのおめかし
ドキドキしてしまうもの。

 

 

しかし、いざ目前に控えてみると
どうしたらいいかわからない~
頭を抱えるお母さんが多い様子。

 

 

確かにどういう服装をすればいいのかとか
早生まれでしかも男の子の場合は
どうすればいいのか、わかりませんよね。

 

 

今回は七五三の3歳早生まれの男の子について
注目をしていきたいと思います。

 

 

まず七五三は11月15日に行われるもので
男の子は満3歳、5歳
女の子は満3歳、7歳
お祝いをします。

 

 

ただ実際に11月15日の1日だけというのも難しいので
その日の近く、10月中旬から11月15日前後にかけて
予定が合う日に行われていきます。

 

 

一般的に早生まれの子供は
満年齢で数えていくので
たとえ3歳になっていなくとも
2歳+の年齢で七五三をすることになります。

 

 

学年が一緒の子と七五三を挙げる
とわかりやすいかもしれませんね。

 

 

以前までは数え年…
つまり生まれた年で1歳と数えていたようですが
基本的には満年齢になっているようです。

 

 

ただし、地域や風習によって
どのタイミングで行うかというのが
変わってくることもあるようなので
自分の住んでいる地域の七五三は
どのようにして行われているか
というのを気になる人は周りの人に聞いてみるといいでしょう。

 

 

ちなみに男の子の服装ですが
スーツ、または着物を着るのが一般的なので
初めての晴れ舞台は気合をいれて用意をしてあげましょう。

 

 

必要であれば美容室に早めに予約をしておけば
七五三に必要なことを教えてくれたり
整えてくれたりもするので
あとで助かるかもしれません。

 

 

また神社でしっかりとお参りをしたければ
事前に予約をする必要があります。

 

 

料金もその神社によって違ってくるので
調べておくようにしましょう。

 

 

さらに思い出として撮っておきたいのが
記念写真ですよね。

 

 

成人式と同じように前撮りをしておくと
あとで慌てずに七五三を行うことができるので
やっておくといいかもしれませんね。

 

 

この際も時期が集中すると
写真館なども混雑をして予約もしづらくなるので
早めに予約をするといいでしょう。

スポンサードリンク

母親の服装は?

子供の晴れ舞台は
親も気合をいれていくもの。

 

 

子供がめかしこんでいるのに
母親がラフな格好というのも
ちぐはぐな感じがしてしまいますし
何よりあとで写真を一緒に撮ろうとしたときに
後悔をしてしまいますよね。

 

 

まずオススメをしておきたいのが
七五三だけでなく、今後の子供の晴れ舞台のために
このタイミングである程度着回しが利く服装
用意しておくといいということ。

 

 

七五三を迎えた後にあるのは
保育園や幼稚園の入園式だったり卒園式だったり…
さらに先を見通していくと
小学校、中学校、他にも謝恩会や保護者会など
様々なところで母親もきちんとした格好をしなければなりません。

 

 

もちろんその都度他の服装を替えるのもOKですし
このタイミングで先を見据えていくかというのは
個人の自由なので参考までに考えておくといいでしょう。

 

 

さて、七五三の服装についてですが
基本的に着物、またはスーツワンピースがオススメ。

 

 

華やかな女性らしい上品さが際立つ服装
ということを意識しておくと
間違えたりせずにいいでしょう。

 

 

また露出しすぎはNGなので
ジャケットなど羽織るものは必須。
特に秋冬になると肌寒さもあるので
上着も上品なものを選ぶようにしましょう。

 

 

派手になりすぎないのも大切。
あくまで子供が主役であるために
自分が目立ちすぎて神社で浮いてしまうことのないように
気をつけていきましょう。

 

 

ワンポイントアドバイスとして
例えば地味目の礼装しか持っていない場合は
コサージュやアクセサリーを少しインパクトのある
華やかなものを身に付ければ品のいいものになります。

 

 

着物に関しては着物にも種類があったり
柄の向き不向きなどもあるので
レンタルをする場合は七五三ということを伝えて
手持ちの着物がある場合には
自分の家族や詳しい人、または美容院などできいてみると
いいかもしれませんね。

 

 

ちなみに父親に関してですが
基本的に暗めのスーツできちっと着こなすのが◎。
ラフすぎると浮いてしまうので
ネクタイ選びにも注意をしていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。