赤ちゃんが暑さで夜に泣くときの対策は?寝返りが激しいときは注意?

この記事は3分で読めます

暑い日が続く真夏の日々。
暑さで寝苦しい熱帯夜に
なかなか寝付けない人、イライラしてしまう人も
少なくないですよね。

 

 

それは大人子供だけではなく、赤ちゃんも同じこと。
あまりの暑さに赤ちゃんが暑さで夜に泣いてしまう
寝苦しい夜がさらに寝付けない夜へと変わっていきますが
泣いてしまった時はどう対策をとればいいのでしょうか。
また、寝返りが激しいときは注意が必要だとか…?

スポンサードリンク

赤ちゃんが暑さで夜に泣くときの対策は?

大人でも泣きたくなる暑さが続く真夏の日々。

 

 

毎日30度超えは当たり前
熱中症や夏バテ、脱水症状に注意して!
というニュースが連日放送されていたり
外に出て暑さに触れれば
危険性も実感できますよね。

 

 

特に夜は昼間とは違った暑さが
じわじわと睡眠を妨げるので
寝苦しくて夜なかなか寝付けない
イライラしてしまって睡眠不足
なんて人も多いのではないでしょうか。

 

 

さてそんな嘆きは大人だけではなく
赤ちゃんも同じく実感すること。

 

 

ただでさえ夜は夜泣きをする赤ちゃんも
この暑さで夜に泣くことも増えてしまい
お母さん、お父さんも
暑さと両ばさみにされて頭を抱えているようです。

 

 

より眠れない夜になってしまうため
熱帯夜は地獄と言っても過言ではないかもしれませんね。

 

 

さて、そんな赤ちゃんも暑さで泣いてしまう夜。
何か対策法はあるのだろうかと
世のお母さん達は対策法を探している様子。

 

 

まず気をつけていきたいのが
冷房や扇風機などは我慢をしすぎないということ。
大人ですら熱中症になったり、最悪死に至るため
体の小さな赤ちゃんも同じように我慢をさせてしまえば
あっという間に脱水症状などになってしまいます。

 

 

風を直接当てないということにも気をつけて
適切な温度で部屋を涼しく保つようにしましょう。

 

 

赤ちゃんは大人と比べて見ると
体温が高いため、汗をかきやすくなっています。
なので汗が大量に服や布団に染み付くと
気持ち悪さでおきやすくなってしまうので
汗を拭いてあげることや、布団を変えてあげるようにしましょう。

 

 

そして最も役立つアイテムというのが
アイスノン

 

 

大人でも寝苦しい夜を冷やしてくれる存在として
夏場は重宝している人も多いのではないでしょうか。

 

 

大人でも効果があるように
赤ちゃんにもアイスノンを用意してあげるだけで
格段に眠りやすくなっていきます。

 

 

しかし大人とは違って直接あかちゃんの頭の下に
アイスノンを入れるのではなく
タオルなどでくるんだ後に
赤ちゃんの横や枕元、ベッドの端など
赤ちゃんに直接当てない程度の距離で
アイスノンを置いてあげるようにしましょう。

 

 

アイスノンは近くにあるだけで
その冷気を感じることができるので
赤ちゃんにとってはそのくらいがちょうどいいのです。

 

 

頭の下に敷いてあげるのも効果的ではあるものの
頭が座っていない赤ちゃんの場合は
危険なこともあるので近くにおいてあげるほうが
安心かもしれません。

 

 

また暑さで喉も乾きやすくなってしまうので
体温が高い赤ちゃんの体温を下げるためにも
気付いた時に水を飲ませてあげるといいかもしれません。

スポンサードリンク

寝返りが激しいときは注意?

暑い夜だと
寝相が良い人でも寝返りが激しくなりがち。

 

 

それは赤ちゃんにも言えることで
いつもよりも寝返りが激しくなってしまうことも
多いようです。

 

 

寝返りをする赤ちゃんは元気な証拠
とはよく言うものの
注意をしていないと吐いてしまうことや
息が出来ずに窒息してしまうこともあるため
赤ちゃんの寝返りは注意が必要ですよね。

 

 

夏になると赤ちゃんの寝返りが激しくなる
大人でもそうだから…と思っていると
ごくごく当たり前のように感じてしまうものの
実は注意が必要なのです。

 

 

まず寝返りというのは

①熱を放出させるため
②疲労回復のため

の2つの意味をもって行われるものであり
②に関しては、昼間体を動かした分
骨や筋肉を修復するために
寝ている間に体が動いてしまうのです。

 

 

なので子供が少し大きくなって
外で遊ぶ機会が増えてくれば
必然的に寝返りをうつことは増えますし
寝返りが多ければ多いほど元気であるというのも
こういうことから言えるのです。

 

 

では①について詳しくみていくと
これは夏場に多い寝返りの理由になっていて
寝ている間に布団と接触している部分が暑くなったり
じっとしていると体温も上がってきてしまうため
寝返りをうつことによって体にまとった熱気を
放出をしているのです。

 

 

つまり、あまり運動量もない赤ちゃんが
夏場になると寝返りを激しくうつということは
①の理由で寝返りをしている可能性が高い
ということなのです。

 

 

暑いと寝返りをうっているということは
体の小さい赤ちゃんにとっては暑さと寝返りのWパンチで
かなり負担になるということ。

 

 

激しく寝返りをうつというのも
暑さでバテてしまっているサインなので
先ほど紹介した対処法を参考にして
赤ちゃんが暑い夏でも寝やすくなるための
工夫をしていかなければならないのです。

 

 

また寝返りをうつ力もまだない小さな赤ちゃんは
熱をためやすくなってしまうため
夏はより注意が必要なのです。

 

 

暑い夏を元気に乗り越えるためにも
赤ちゃんには細心の注意を払っていき
寝苦しくない、快適な夜を赤ちゃんと過ごしていけるように
心掛けていきましょう!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。