夏バテで体がだるい?吐き気やめまいのような症状は注意が必要?

この記事は4分で読めます

暑い日が連日続き
熱中症のニュースも
よく耳にしますよね。
熱中症とは行かなくとも
夏バテしてしまったという人も少なくありません。

 

 

ということで今回は夏バテについて注目。
夏バテで体がだるい?吐き気やめまいのような症状は
注意が必要だとか…!?
夏バテの恐ろしさについて見て行きましょう。

スポンサードリンク

夏バテで体がだるい?

この暑い日が連日続くことによって
体がだるい、頭痛がするなど
夏バテの症状に悩まされている人も
続出してきていますよね。

 

 

どんなに気をつけていたとしても
さんさんと照る太陽の下だと
どうしても暑さに負けてしまうのも事実。

 

 

やる気に満ちあふれていたとしても
暑さの前ではどうしようもなく
体にだるさが生じてしまうものです。

 

 

夏というと熱中症が真っ先に浮かぶものですが
夏バテも熱中症同様に危険なもので
注意が必要なのです。

 

 

そもそも夏バテとは何なのか
ということについて見て行きましょう。

 

 

夏バテは病気ではなく
自律神経が乱れてしまうことによって
様々な症状が起きてしまうもの。

 

 

そんなこともあり
病気じゃないから大丈夫と
油断をしている人が多いのも事実かもしれません。

 

 

しかし
そんな油断こそ夏バテをさらに危険なものにしてしまうもの。

 

 

夏バテの代表的な症状というと
体のだるさですよね。

 

 

涼しい室内にいたはずなのに
どうしても体がだるい…。

 

 

実は夏バテの代表的な症状である体のだるさは
この涼しい室内に大きな落とし穴があるのです。

 

 

暑い気温の中で勉強をしたり、仕事をしたり
そんな状態では体調不良になってしまうため
必然的に冷房をつけて室内を冷やす人は大多数でしょう。

 

 

確かにこんな暑い中で冷房をつけずに過ごしていたら
熱中症、脱水症状になってしまい
最悪命を落とすこともあるので、冷房はとても大切なもの。

 

 

しかし外に出れば暑いということもあり
外と室内とでは急激な寒暖差が生まれてしまいますよね。

 

 

この急激な寒暖差は自律神経を乱していき
体内の体温調節機能を低下させてしまい
それが体のだるさにつながってしまうのです。

 

 

暑い外にいれば具合も悪くなる
涼しい室内で快適に過ごしたい…
そうは思っても体はそれについていけずに
不調を起こしてしまうのですね。

 

 

自分は夏バテにはなっていないと思っている人も
この外と室内との寒暖差によって
体のだるさを覚える人はたくさんいます。

 

 

夏バテのつもりはなかったのに
夏バテになってしまっていた。

 

 

それが夏バテの目に見えない恐ろしさであり
夏バテ対策をしていかないと
さらに症状が悪化をしてしまうことに。

 

 

寒暖差が生じてしまうのは仕方がないものなので
空調管理をしっかりすることや
できるだけクールビズを適用して
冷房の温度を下げすぎないように気をつけるだけで
夏バテの可能性を下げる事ができます。

 

 

また、あまりにも室内が冷えすぎてしまうと
冷え性になってしまったり、風邪をひく原因にもなるので
くれぐれも暑いからといって部屋を冷やし過ぎないように
気をつけていきましょう。

スポンサードリンク

吐き気やめまいのような症状は注意が必要?

夏バテの症状には
吐き気、めまいの症状もあります。

 

 

自律神経が乱れてしまうと
体の至る所に不調が出てしまうので
吐き気やめまいが出てしまうことも少なくありません。

 

 

またこの暑さでは
食欲低下どころか吐き気もしてしまう人も
多いでしょう。

 

 

そんな夏バテの症状にありがちな
吐き気とめまいですが
注意が必要なのです!

 

 

暑いから吐き気やめまいがしてしまうのは
当たり前である…
と思いそのままにしておくととても危険。

 

 

何故ならば…
熱中症になっている可能性がかなり高いから!

 

 

熱中症の症状の中には
頭痛やめまい、吐き気があります。

 

 

熱中症は暑さによって
体温調節ができなくなってしまい
体外に体温を出すことが出来ず
体内に体温がこもってしまうことによって
起きてしまうものです。

 

 

こうなってしまうと
酸欠状態となり、頭痛、めまい、吐き気などの症状が
次々と起こることになります。

 

 

夏バテによって体が弱っていると
熱中症になりやすいと言え
長時間炎天下の中で活動をしていたり
熱のこもった室内で過ごしていると
夏バテと熱中症の両方にかかってしまうことも。

 

 

めまいや吐き気が起きるということは
熱中症になりかけている、またはなっている可能性
かなり高くなっていると言えるので
すぐに休んだり、症状が酷ければ病院に行くなどして
対処をしていく必要があります。

 

 

では、夏バテや熱中症にならないためには
どうすればいいのか。

 

 

先ほど紹介したとおり
寒暖差に気をつけることも大切ですが、
栄養バランスの摂れた食事をしていれば
それだけ体を強く保つ事ができます。

 

 

また水分や塩分をしっかりと摂ることは
汗をかいたときに流れ出る水分と塩分を
補う働きをしてくれるため
熱中症だけでなく、脱水症状を防ぐことも。

 

 

夏バテの症状には
腹痛下痢などの症状もありますが
これは暑いから冷たいものが食べたいと
食事が偏ってしまうことで腸や胃に負担がかかり
起きてしまう症状であるために
食事についても見直す必要があります。

 

 

夏バテと熱中症、脱水症状はまさに紙一重。
夏バテはこの暑さならば当たり前とつい甘く見すぎてしまいますが
だからこそ細心の注意が必要になってきます。

 

 

今回紹介した対策法をしっかりと見なおして
この夏を思い切り楽しんでいきましょう!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。