目の下のピクピク止まらない?まぶたが痙攣する原因は病気だった?

この記事は3分で読めます

目の下がピクピクする
まぶたが痙攣をする…
そんな経験がある人は
割りと多いかもしれません。

 

 

何でなんだろうと思いつつも
気にしない人が結構多いようですが
実は原因は病気かもしれない、ということ。
何故目の下やまぶたが痙攣をしてしまうのか
原因を見て行きましょう。

スポンサードリンク

目の下のピクピク止まらない?

目の下やまぶたが痙攣をしてしまう
自分自身も経験したことがあるという人もいると思いますし
周りでそんなようなことを言っていた
という人もいるでしょう。

 

 

実際になってみないとわからないものの
ピクピクと痙攣する感じは
違和感がありながらも、正直そこまで気に留めてない
という人も多いかもしれません。

 

 

確かにそのまま放置をしておけば
知らない間にピクピクしているのは治っていますし
原因についてあんまり真剣に考える機会って
そうそうないですよね。

 

 

まずは、目の下のピクピクについて。

 

 

これは目の周りある筋肉が
異常な興奮が生じてしまった時に
起きてしまう痙攣のようです。

 

 

原因として言われているのが
ストレスや疲れなど

 

 

思い返してみると
確かに疲れているときや
ストレスが溜まっている時などに
痙攣が起きているような感じがします。

 

 

他にも睡眠不足が原因で起きることもあるので
もし目の下がピクピクする場合などは
自分が疲れていないか、最近寝不足ではないか
ということを思い返して見るようにしましょう。

 

 

だいたいの場合だと
これらの原因を解消していけば
あっという間に治るものです。

スポンサードリンク

まぶたが痙攣する原因は病気だった!?

目の下のピクピク同様に
まぶたが痙攣をしてしまうというのも
先ほど挙げた原因のように
ストレス、疲れ、睡眠不足が
主な原因だと言われています。

 

 

目を酷使し続ける
デスクワークの人にこの症状が多いというのも
納得がいきますよね。

 

 

しかし、実は病気が原因で
痙攣をしてしまうこともあるのです!

 

 

ストレスなどの疲れが原因の場合は
少し休んだり十分な睡眠をとれば
治る場合も多かったり、
痙攣をする時間自体も短いのが特徴です。

 

 

病気が原因で痙攣をしてしまう場合というのは

・目が開きにくい

・まばたきに違和感がある

・目の周りが痙攣する以外にも顔が痺れている感じ

これらの症状が出ている場合には
早めに医師に相談をすることが大切。

 

 

病気が原因で起こる場合に最も多いとされる病気が
眼瞼痙攣という病気。

 

 

主な症状としては
まぶたや目の下が痙攣をするということ以外にも

・まばたきの回数が増える

・目が開きにくくなる

ということが挙げられ
ほとんどの場合、両目に症状が現れるということ。

 

 

これを放置し続けてしまうと
最悪失明してしまうこともある恐ろしいものなので
一時的な痙攣ではない、長時間に及ぶ場合や
これらの症状が出ている場合などは
すぐに眼科に行くようにしましょう。

 

 

単なる疲れと違うところは
痙攣する時間やまぶたへの違和感なので
ただの痙攣ではないと判断した場合は
一度診てもらうほうがいいかもしれませんね。

 

 

さて、病気を含めて目の痙攣というものは
非常に厄介なものであり、病気の存在も知ってしまうと
出来れば痙攣にならないように注意をしたいもの。

 

 

やはり対策としては

「目の酷使を控える」

「目を休ませる」

ということが最も大切ではあるものの
現代社会において、それは難しいという人がいるのも事実。

 

 

なので可能な限り
パソコンや携帯電話の使用時間を減らすということや
目の付近を軽くマッサージをしてみるといいでしょう。

 

 

少し温かくした蒸しタオルやホットアイマスクなどで
目を休ませ、目の周りの血行を良くするのも
目の痙攣の対策としてはかなり効果的です。

 

 

最近では様々なホットアイマスクや、
アロマな香りも楽しめるホットアイマスクなども販売されているので
自分のお気に入りのホットアイマスクを見つけて
目を休ませる機会を少しでも楽しくしてみるといいかもしれませんね。

 

 

目の痙攣はすぐに治る…
そんな油断が目の病気を引き起こす可能性も高めるため
目を大切にと、心掛けていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。