褐色脂肪細胞を活性化させて痩せる身体に!冷やすと細胞が増える?

この記事は3分で読めます

今までにたくさんのダイエット方法が出てきましたが
自分にとってなかなか合うものが見つけられない…と
やる気になれない人もいるかと思います。

 

 

さてそんな中で今回注目したいのが
褐色脂肪細胞を活性化させることによって痩せる身体になる方法
冷やすと細胞が増える?という情報など
今回は褐色脂肪細胞に関するダイエット法について見て行きましょう!

スポンサードリンク

褐色脂肪細胞を活性化させて痩せる身体に!

運動をする、食事制限をする
食事方法を変えてみる…
今まで挙げられてきたダイエットは
数えきれないほどに多いものだと思います。

 

 

しかし人には向き不向きがあるもので
自分に合ったダイエット方法を見つけられなかった
という人もいるでしょう。

 

 

時には少しでも無理をしてやるということも大切ですが
本当に合わないことをやり続けると
それはストレスとなって逆効果になってしまうので
オススメはできません。

 

 

さてそんな人達や今ダイエットをしたいという人達注目なのが
褐色脂肪細胞を活性化させることによって
痩せる身体になる、というものです。

 

 

褐色脂肪細胞とは何なのか
ということについて最初見ていくと
「体熱発生装置」と呼ばれるものであり
簡単に言うとエネルギーを消費することによって
体の中で熱を発生させる細胞のことを言います。

 

 

ダイエットには
このエネルギー消費は重要ですが、
それによって生まれる熱は
代謝ということになります。

 

 

代謝が良いと痩せやすいというのは
おそらくダイエットをしている人ならば
必ず聞いたことがあると思いますが
代謝を上げることによって
より脂肪なども燃えやすくなっていき
体の老廃物も排出されやすくなり
痩せやすい体になっていく
という仕組みですね。

 

 

逆に言うと体が温まりにくい
つまり冷え性の人というのは
太りやすい、痩せにくい体である
ということも言われます。

 

 

体内が燃えない仕組みだと
脂肪などもなかなか燃えてくれませんし
老廃物なども溜まりやすくなります。

 

 

なので褐色脂肪細胞を活性化させることによって
熱を出し、代謝の良い体を手に入れる
というのがこのダイエット方法だと言えるでしょう。

 

 

細胞がどんどん働いてくれれば
脂肪は燃やされていきます。
例えばちょっとくらい大食いしたところで
すぐに細胞によって燃焼されていくので
太るところまではいきません。

 

 

よく食べるのになんで痩せているのだろう…
不思議な人もいると思いますが
そういう人は褐色脂肪細胞が働いているから
ということが言えますね。

スポンサードリンク

冷やすと細胞が増える!

では具体的にどうすれば
褐色脂肪細胞を活性化することが出来るのでしょうか。

 

 

やり方はそんなに難しいものでもなく
細胞は冷やされることによって活性化する
ということ。

 

 

つまりどういうことかというと
例えば寒さを感じるとき
水浴びをした後の寒気や冬など
体が急激に寒さを感じますよね。

 

 

そんな時、体の中では
温めなくちゃ!という働きをするようになり
熱を出そうと必死になります。

 

 

これが活性化につながるというわけですね。

 

 

なのでそれを出来るだけ定期的に…ということであれば
水泳をすることや、水浴びをするということが
活性化に繋がることになります。

 

 

勿論冷たいのをずっと我慢をしていれば
風邪を引く原因になってしまったり
水浴びにしてもいきなり冷水をかけるというのは
体に大きな負担がかかります。

 

 

長時間の水泳は控えたり時期を考えることや
水浴びの場合は急に冷水にするのではなく
少しずつ…ということを意識してするようにするといいでしょう。

 

 

また、褐色脂肪細胞が集中している場所というのもあり
首の周り、脇の下、肩甲骨の周りなど
特にこの辺を重点的に冷やすということを意識すると
活性化に繋がるでしょう。

 

 

水泳や水浴びをする時間がないという人は
それらの場所を軽く冷やすということも◎。
ただしやり過ぎると凍傷してしまうこともあるので
加減はしっかりと気をつけましょう。

 

 

また体調不良の時などは
絶対にやらないようにしましょう。
確かに活性化させることにより痩せる体になれば
肥満予防にも繋がるので、多くの病気予防にもなりますが
今体を壊してしまえば元も子もないので
無理は禁物、気をつけていきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。