怒りやすい性格の人は病気の可能性も?うつ病の症状にも?

この記事は3分で読めます

怒りっぽい人っていますよね。
どうしてそんなに怒っているの?と疑問に思うくらい
苛立っている人。
実は最近自分自身が怒りっぽいかもしれないと
自分に対しても疑問を抱く人。

 

 

もしかしたらそれって病気の可能性があるかもしれません。
怒りやすい性格の人は病気の可能性がある
だとするならばどんな病気があるのでしょうか。
うつ病の症状にもあるようですが…?

スポンサードリンク

怒りやすい性格の人は病気の可能性も?

「なんであんなに怒っているのだろう」

「なんでこんなにイライラしてしまうのだろう」

 

 

常に怒っている人が周りにいるという人は
自然とこういった疑問を抱くものですし
怒っている人本人も何故こんなにイライラしてしまうのか
自分自身で悩んでいることもあります。

 

 

人には性格があり、価値観もあり、個性もあり
感受性も人によってはバラバラなので
穏やかな人、動じない人、涙もろい人
怒りやすい性格の人以外にも
色んな性格の人がいます。

 

 

自分の中で許せないラインがあって怒ってしまう
人よりも几帳面だからイライラしてしまう
周りの環境のせいで怒りやすくなってしまう。

 

 

怒っている人というのは
どこか怖いイメージ、近寄りがたいイメージが
ついてしまうものでもありますが
その人にとってはちゃんと怒っている理由があって
悩んでいると言えます。

 

 

が、中には理不尽に怒られる人もいれば
無意味にイライラしてしまう、怒りっぽくなってしまう人も。

 

 

最近になって急に怒りやすくなってしまった
という人もいるように
怒るという感情はいきなり高まって熱くなり
自分の手には負えなくなることもあるのです。

 

 

では何故怒ってしまうのか。

 

 

理由がある場合はそれについて怒っているということですし
女性の場合は生理前後などホルモンバランスが崩れているため
イライラしやすくなります。

 

 

他にも体の自由がきかない場合には
もどかしさにイライラしてしまいますよね。

 

 

しかし中には病気によって
イライラ、怒りやすくなってしまうこともあるというのは
ご存知でしたか?

 

 

甲状腺系の病気になってしまうと
ホルモンに異常が出てくるために
情緒不安定になったりイライラしやすくなったりします。

 

 

怒りやすい症状というのは
精神病なのではないか、と疑われることも多いため
なかなか甲状腺が原因だったというのは
見つけにくいこともあるようです。

 

 

甲状腺の症状としては
喉仏の下辺りが腫れている、体がむくんでいる
イライラしているというのが
主な症状になってくるので
甲状腺系の医師がいる病院で診察・検査をしてもらうようにしましょう。

 

 

またストレスでイライラをしてしまっていると
そのストレスが原因で別の病気のリスクを高めてしまっていたり
自分では気づかないうちに体が病気に侵されていて
無意識のうちにイライラをしてしまっていることもあります。

 

 

イライラ、怒りやすくなってしまうというのは
何か原因があるというもの。
それが気持ちからくるものなのか
心当たりがない場合にはもしかしたら病気の可能性もあるので
何故こんなにイライラしているのかということを
自分自身で考えてみるといいでしょう。

スポンサードリンク

うつ病の症状にも?

怒りやすくなってしまうというのは
うつ病の症状としても挙げられます。

 

 

そもそも何故人は怒るのかというと
もちろん色んな理由があるものですが
その大半の怒りの中には「不安感」があるから
ということを言われています。

 

 

不安感が大きくなってしまえば
感情のコントロールが上手くいかなくなってしまったり
マイナス思考に陥ってしまいます。

 

 

何をするにもやる気がでない
前向きになれない…
そうなるとうつ病になってしまいます。

 

 

過度な不安やストレスは
うつ病を呼ぶだけでなく怒りやすさも呼んでしまうので
イライラは代表的な症状と言われています。

 

 

病気の可能性もない、理由もないのにイライラしてしまう
そういった場合はもしかしたらうつ病になっている
またはなりかけているのかもしれません。

 

 

別の精神的な病気になっていることも考えられるので
あまりにもイライラをしてしまう、不安感が出てしまうという場合は
精神科の医師に相談をしてみるようにしましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。