隠れ扁平足になる原因とは?ながら筋トレで改善できる?

この記事は3分で読めます

自分は偏平足ではないと思っていたのに
実は偏平足であったという
隠れ扁平足が増えてきているのはご存知ですか?

 

 

何故隠れ扁平足になってしまうのか
原因を知りたいですよね。
また改善法としては筋トレが良いようですが
どんな筋トレが効果的なのでしょうか。

スポンサードリンク

隠れ扁平足になる原因とは?

自分は偏平足である
と自覚している人は意外と少ないかもしれません。

 

 

偏平足というのは
普通ある土踏まずがない足のことを言い
偏平足がひどい場合だと
歩行に支障がでるケースもあります。

 

 

そういった場合には
整形外科などで矯正をし
歩行に支障がない程度まで足を治すのが一般的。

 

 

しかし実際は
偏平足であったとしてもそこまで歩行に支障がでる
ということも少ないようなので
治療をしない場合も増えてきているようですね。

 

 

足というものは生まれてから今に至るまで
同じものであるために
例え偏平足であったとしても
それが普通だと思ってしまうと
偏平足だと気づかない場合があります。

 

 

なんとなく足を見てみて
あれ、土踏まずがないかもしれない…と
ふと気がつくことも。

 

 

しかし中には土踏まずがあるような気もするけど
実は偏平足だった…!という
隠れ扁平足もいるのだとか!

 

 

普通の偏平足と比べてみると
若干見分けづらいもの。

 

 

一目見た感じだと
土踏まずもあり、偏平足ではないと思うものの
いざ歩いてみると偏平足のような歩き方をしている人
というのが意外と多く、さらに本人が気づいていない場合が多いようなのです。

 

 

例えば歩いている中で
偏平足ではないのに足の裏が痛くなる
という場合には偏平足の可能性があるということ。

 

 

普通の偏平足に見分け方は
足を床につけて、親指からかかとまでの間が
綺麗にアーチ上になっていなければ偏平足です。

 

 

しかし隠れ扁平足の場合にはこれでは見分けられないので
歩いた時に、かかとからしっかり着地をしていなかったり
着地をするときにつま先が上がっていなかったりして
地面や床と並行だと隠れ扁平足の可能性が一気に高くなります。

 

 

歩いた時に「ペタペタ」とした歩き方
地面や床に足全体が一気に触れる歩き方をしてしまう場合には
隠れ扁平足なのかもしれません。

 

 

では何故隠れ偏平足になってしまうのか…。

 

 

大きな原因として挙げられるのが
足の筋力不足によるもので
歩き方がしっかりしていなかったり
靴が足と合っていなかったりすると
筋力が衰えて隠れ扁平足になってしまうということ。

 

 

全体的な運動不足も
偏平足になってしまう原因にもなるので
適度な運動や、足をしっかり使って歩くということ
それらを意識するようにすれば
隠れ扁平足にならずに済むでしょう。

スポンサードリンク

ながら筋トレで改善できる?

では隠れ扁平足になってしまった場合
どうすれば改善されていくのか。

 

 

やはり原因が筋力不足に当たるので
筋トレが効果的だと言われており
その中でも「ながら筋トレ」
改善できると言われているようです。

 

 

やり方は色々ありますが
立ったままでできるものと座ったままでできる
2パターンが人気だということ。

 

 

まず立ったままやるながら筋トレ

①両足を肩幅に開く

②そのまま同時に両足首を内側、外側と
 開いたり閉じたりを繰り返す

③テンポよく数回繰り返す

 

これは一度してみるとわかりますが
足のちょうど土踏まず付近の筋力が
大きく使われていることがわかると思います。

 

 

次に座ったままできるながら筋トレ

①足を組む

②組んだ上の足の足首を上に向け、戻す

③繰り返す

というだけ。

 

こちらも先ほどと同様に
ちょうど土踏まず付近が
鍛えられている感じがするので
それをさらに意識しながらやると◎。

 

 

これを定期的にやっていけば
だんだん足全体の筋力がついてくるので
隠れ扁平足の改善に繋がります。

 

 

しかし普段から
歩き方を意識することや
自分の足に合った靴
無理が生じる靴を履いていれば
こういった改善効果も期待できなくなるので
原因を作らない、ということを一番に意識して
ながら筋トレをしてみるといいでしょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。