コミュ障の特徴とは?就活の面接を突破する方法とは?

この記事は3分で読めます

コミュ症、何度も耳にする言葉であり
自分がコミュ症であるという人や
周りにコミュ症がいるという人もいるでしょう。

 

 

さてそんなコミュ症
まず具体的にはどんな特徴があるのでしょうか。
また就活の面接を突破する方法とは
何かあるのでしょうか。

スポンサードリンク

コミュ症の特徴とは?

コミュ症というのは
よく耳にするようになりました。

 

 

特にネットを中心に
コミュ症という言葉をよく目にするようになりましたよね。

 

 

自分がコミュ症だという
自称コミュ症がいたり
周りのコミュ症だと感じる人がいたり
出会った人をなんとなくそう思ったり。

 

 

最近ではコミュ症が社会問題となっていることもあるので
コミュ症について取り上げられることも多くなりました。

 

 

ではまず具体的にコミュ症というのは
どういったものなのでしょうか。
特徴を見てみましょう。

 

 

簡単にいうと
人付き合いが苦手・上手くない
というコミュニケーションを上手く取れない人

 

 

例えば皆が楽しそうに話している輪の中に
入っていくのが苦手であったり
たとえその輪の中にいたとしても
上手く打ち解けられなかったり。

 

 

人と話すとき挙動不審になる人もいれば
人との距離感の掴み方が苦手であったり…
とにかく人付き合いが苦手である
ということが言えます。

 

 

この時代、今ではスマートフォンなどもあるので
人がいると苦手意識を感じてしまって
携帯ばかりいじってしまう=逃げてしまう
という人も多いみたいです。

 

 

相手の立場を考えずに発言をするなど
空気を壊すということもあります。

 

 

コミュ症には
軽度重度とランクもあるようですが
とりあえずコミュ症というのは
かなり大変そうである
というのがわかりますよね。

 

 

また、コミュ症本人が
コミュ症に悩むということもあるようですが
コミュ症だと気付かないコミュ症もいたりして
周りの人が困るということもあるようです。

 

 

年々増え続けているというコミュ症
もちろん克服したいと考えている人もいるので
周りの人はそれに協力してあげるのもいいですし
悩んでいる本人も、無理をせず少しずつでも
相手の気持ち、距離感、空気というのを
意識してみるだけでもだいぶ変わってきます。

 

 

もし周りに周りから好かれていたり
頼られていたりと評判が良いという人がいるならば
その人に本気で相談をしてみると
アドバイスを貰えるかもしれませんね。

スポンサードリンク

就活の面接を突破する方法とは?

コミュ症が抱える問題として
最大とも言えるのが就活という壁。

 

 

近年企業が求める人材の中には
コミュニケーション能力が高いなど
コミュニケーション能力が重視されるようになりました。

 

 

やはり職業のほとんどは
チームプレイが肝心となりますし
コミュニケーションが上手く取れなければ
効率的に仕事をすることはできません。

 

 

たとえ能力が高いとしても
意思疎通がしっかりと取れなければ
それが重荷になってしまうこともあるので
そう考えれば求められる人材としては
妥当のものですよね。

 

 

しかしそれは
コミュ症にとっては大きな壁として立ちはだかり
就活に悩まされている人も多いでしょう。

 

 

まずコミュ症の人が
面接などにおいて一番に考えてしまうのが
「自分はダメかもしれない」「上手く喋れないかもしれない」
ということ。

 

 

こうして意識をしてしまうと
必要以上に緊張をしてしまい
無意識のうちに「ダメな自分を演じてしまう」ことになります。

 

 

コミュ症じゃなかったとしても
面接という場は緊張するものです。
それがコミュ症ともなれば
余計すさまじいプレッシャーとなるでしょう。

 

 

面接を成功させるためには
堂々としている自分を見せなければなりません。

 

 

しかしコミュ症の人が
堂々とする、自信を持つというのは
結構難しいことです。

 

 

なのでできるだけマイナス思考にならないようにする
ということが大切。

 

 

何よりも余計なことを考えない
無心で面接に挑むということが大切なのです。

 

 

しかし適当に面接をすれば
合否はわかりきったものになるので
面接直前まで、自分が企業にどういったことをアピールしたいのか
しっかりと煮詰めていきましょう。

 

 

対策が書いてある本などもあるので
そういったものを読むのも励みになるかもしれませんね。

 

 

さて、もう一つ大切なことというと
「自分をコミュ症だと思いすぎない」
ということ。

 

 

そもそも自分がコミュ症なのかということを
考えてみることもいいかもしれません。
コミュ症だと自分を思い込み、追い込んではいないか
必要以上に自分を卑下していないか。

 

 

今一度考えてみる良い機会になるかもしれませんね。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。