指の皮を食べる癖を治す方法とは?噛む癖の治し方は?

この記事は3分で読めます

指の皮を食べる人
指を噛んでしまう人
癖であるため本人にとっては無意識であるものの
出来れば治したい癖ですよね。

 

 

今回はそんな指の皮を食べる癖を治す方法や
指を噛む癖の治し方について注目。
食べる癖、噛み癖がある人必見です。

スポンサードリンク

指の皮を食べる癖を治す方法とは?

癖というものは
誰もが持っているものであり
無意識にやっているのでなかなか直そうと思っても
直せないものですよね。

 

 

特に気にならない癖ならばいいものの
周りから見てあまり良くない癖というものは
本人にとっても周りにとっても
歓迎できるものではありません。

 

 

今回注目するそんな癖の1つ目である
指の皮を食べる癖がある
というのも実は結構悩まされている人がいるのも事実な癖。

 

 

ネット上でも悩んでいて癖を直したいと
思っている人も多いようですが
子供のころから大人になった今でも
癖がなかなか抜けずに困っている人が多い様子。

 

 

ちなみに傍目からその光景を見ている
第三者の人からすると

「不潔っぽい」

というイメージが一番多いようなので
一刻も早く尚した方がいい癖ともいえるかもしれませんね。

 

 

指の爪を噛んでしまう、食べてしまう癖というのは
自傷行為にあたるものです。

 

 

心理的な面からみてみると
例えば欲求不満やストレス、または自制心の欠如
挙げられるようですね。

 

 

子供の場合
こういった癖を持っている人が多いというのも
心理的な面から見てみると納得がいくもので
成長していくにつれて、内面も大人になっていくので
自然と癖が克服されていることも多くあります。

 

 

しかし大人になっても治らないというのは
心理的な面がさらに強く出てしまっているため
自制心があり、精神的にも成長した大人になっても
染み付いてしまった癖は治らないということ。

 

 

この癖を治すためには
カウンセリングを受けるといい
ということがオススメされていますね。

 

 

癖を治すためにカウンセリング…というのは
少し行きづらいこともあるかもしれませんが
無意識に出てしまう癖の裏側にある心理というものは
自分自身でも気づけないものも多いため
カウンセリングによって、心理状態をはっきりとさせ
根本的なところから癖を直していくことができます。

 

 

また、ハンドクリームなどを常に塗っておく
というのもひとつの手。

 

 

手に何かついていると
どうしても指の皮を食べづらいので
無意識に食べようとしても
気付かされることも多いということ。

 

 

皮を剥いてしまうと
そこから菌が入ったりしてしまい
化膿する可能性もあるので
自分のため、周りからの視線
そして自分の身体のためにも
癖を直せるように頑張っていきましょう。

スポンサードリンク

噛む癖の治し方は?

皮は食べないけれど
癖で指を噛んでしまう。

 

 

そんな癖の持ち主も悩み者で
やはり周りかのイメージもあまりよくありません。

 

 

こちらも心理的なものが原因となっている場合が多く
欲求不満、苛立ちなどが原因
指を噛んでしまうということ。

 

 

また寂しがり屋に多いということも挙げられており
自分に構ってほしい、自分をもっと見て欲しいという
愛情不足が原因でこの癖が出てしまう人もいるようですね。

 

 

こちらの改善方法としても
カウンセリングが効果的なようですが
もし悩みに心当たりがある場合には
その悩みと真剣に向き合ってみたり、何か行動ができる場合には
改善に向けて頑張ってみるのもいいでしょう。

 

 

女性の場合には、ネイルをすると◎
綺麗で可愛いネイルが、指を噛むことによって崩れてしまうというのは
ショックなことですし、なにより見た目がすごく悪くなってしまうので
より周りからの視線を気にしなければなりません。

 

 

荒療法ではあるものの
指を噛むことに対して、少しでも意識を向けることができるならば
自然と指を噛む癖に対して自制心が働いていきます。

 

 

周りに見られている、悪いイメージがついてしまう…
羞恥心を持つというのは完全に良いことだとは言えないものの
無意識にやってそれを見過ごすことも良いことではないので
そういったことに気づく必要も
改善のためには必要なことかもしれません。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。