赤ちゃんがひきつけを起こしたときの対処法?予防接種後は注意?

この記事は3分で読めます

赤ちゃんがひきつけを起こす
どうしたらいいのだろうと
パニックになってしまうものの
そんな時こそ冷静な対応を出来るようにしておきたいもの。

 

 

今回は赤ちゃんがひきつけを起こしたときの
対処法について注目。
予防接種後は注意が必要とのことですが
どういうことなのでしょうか?

スポンサードリンク

赤ちゃんがひきつけを起こしたときの対処法?

赤ちゃんのトラブルは
新米ママにとっても、すでに上に子供がいる場合にも
パニックになってしまうものですよね。

 

 

大人よりも小さくか弱い身体は
些細なことにも影響されるものなので
ちょっとしたことが命取りになる可能性もあります。

 

 

特に病気関連に関しては
今後の成長に関わることかもしれない…
ということも頭によぎることもあるので
とても心配になります。

 

 

そんな中で今回は
赤ちゃんがひきつけを起こしたときの対処法について
注目していきましょう。

 

 

ひきつけ、一般的には痙攣と呼ばれることも多いこの症状は
身体が硬直をし、手足がつっぱったようになるものだったり
ビクビクと痙攣をしていたり
小さな我が子がそんな状態になると
思わずその光景にショックを受けてしまうかもしれません。

 

 

しかしそんな時だからこそ求められるのが
冷静な対応。

 

 

ひきつけや痙攣を起こした時には
まず赤ちゃんのことをしっかりと確認して
今どういった状態なのかというのを
把握しておきましょう。

 

 

もし嘔吐をしている場合には
気道が塞がれないように
やさしく体勢をかえます。

 

 

万が一嘔吐をしそうな場合には
顔を横向きにしてあげると
嘔吐物を喉につっかえることもないので安心。

 

 

その後は口の周りや寝ている周りを
綺麗に拭いてあげること。

 

 

熱によってひきおこされる痙攣の場合には
短時間で痙攣は収まるので
慌てずに赤ちゃんをしっかりと観察すること。

 

 

そしてこれらの症状がだいたい収まった場合には
病院にて診察を受けることが重要で
夜間の場合には救急車を手配するのもOK。

 

 

落ち着いて観察をして、対応をしていれば
医師にどういった状況だったのか
ということを事細かに説明することができるので
病院もより迅速な対応をすることができます。

 

 

やってはいけないこととして

・赤ちゃんの身体を揺さぶる

・大声で叫ぶ

・慌てる

ということはしないように。

 

 

特に上記2つに関しては
赤ちゃんにより刺激を与えてしまい
症状が悪化をしてしまう可能性もあるので
とにかく落ち着いて状況判断ができるようにつとめましょう。

スポンサードリンク

予防接種後は注意?

ひきつけを起こすとき
予防接種後ということも
あることです。

 

 

もし赤ちゃんがひきつけを起こした際に
近いうちに予防接種を受けていた場合には
予防接種が原因でひきつけを起こしてる可能性が高いということ。

 

 

予防接種のワクチンの副作用によるものですが
もし心当たりがある場合には
落ち着いた対応をした後に
すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

 

 

神経に異常をきたす場合もあるので
早めに診察・治療をすることが最優先です。

 

 

この場合万が一自宅に車があったとしても
救急車を呼ぶほうが安心。
というのもなるべく早くというよりかは
一刻も早く、という急を要する場合もあるので
救急車で病院に搬送をしたほうが
万が一に備えて安心だと言えます。

 

 

一時的に症状が収まる可能性もありますが
その場合でも診察と検査を受けることが大切です。

 

 

赤ちゃんの身体は思っている以上に
小さくか弱いものなので
ちょっとのことでも今後影響が現れていく
ということはありえること。

 

 

大袈裟ではないか、と言うくらいに
慎重になったほうがちょうどいいとも言えるので
予防接種後のひきつけには
より迅速な対応をしていきましょう。

 

 

その後はしっかりと医師の話を聞き
とにかく落ち着いて状況判断と今後のことについて
説明をきくようにしましょう。

 

 

迅速な対応をしていれば
今後の心配も何もいらないことも多いですが
予防接種についてのことや
赤ちゃんの体質のことについても聞ける可能性があります。

 

 

赤ちゃんを守るためにも
落ち着いた対応ができるように
ひきつけと予防接種の知識を身につけて
備えておきましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。