奥の舌苔の取り方おすすめは?白い汚れの原因は大病の可能性も?

この記事は3分で読めます

舌苔は多少あるほうがいいとはいうものの
ベッタリとついていると
少し不潔な感じもしてしまうので
しっかりとお手入れしている人もいると思います。

 

 

しかしそんな中で奥のほうの舌苔って
なかなか取れませんよね。
今回はそんな奥の舌苔の取り方を紹介!
また舌苔は大病の可能性もあるのだとか…!?
早速見て行きましょう!

スポンサードリンク

奥の舌苔の取り方おすすめは?

歯を綺麗に保つというのが
口内環境を良くする上でも
見た目的な上でも大切なことですよね。

 

 

しかし歯だけではなく
舌にある白い舌苔もたくさんついていると
不潔な印象になってしまうため
しっかりとお手入れをすることも大切。

 

 

歯同様に舌苔をある程度お手入れしている
という人は少なくなく
できるだけ綺麗に、ということを心がけている人は
多いようですね。

 

 

舌苔が多くなってしまうと
口臭の原因にもなるため
そういう面でみても適度に手入れをすることが
大切だということ。

 

 

そもそも舌苔というのが
食べかすや細菌などが原因で出来るもの。
多少舌苔が舌についていないとそれもまた問題なので
ある程度残しておくことは必要であるものの
べっとりとついている舌苔はやはり取り除いた方がいい
ということが言えます。

 

 

単純に見た目的にも不潔になってしまうので
歯ブラシなどで歯磨きをする際に
舌苔も磨いている人もいるようですが
なかなか磨いてみると、奥のほうの舌苔って
取れないんですよね。

 

 

あまり歯ブラシを奥深くに突っ込んでしまうと
苦しくなってしまいますし
そこまで無理して取るのも一苦労。

 

 

あまりゴシゴシとこすってしまうと
舌自体を傷つけてしまうことになるので
優しくやりすぎないようにこするのがいいものの
それが舌の奥となるとより難しいですよね。

 

 

舌苔を適度に、そして奥まで取る方法としては
舌苔専用のヘラもあるので
そういったものを利用してみると
簡単に取ることもできます。

 

 

しかし意外なものとして
ハチミツが舌苔と最高の相性である
というのはご存知でしたか?

 

 

実はハチミツに含まれている
プロテアーゼという成分が
舌苔を分解してくれるので
結果的に舌苔を取り除くことができる
ということなのです。

 

 

しかもハチミツに殺菌効果があるので
舌の殺菌までしてくれるおかげで
さらに口内環境は良いものに!

 

 

ゴシゴシすると舌が傷ついたり
必要以上に舌苔を取り除いてしまうことになるので
ハチミツを舐めて舌苔を奥まで綺麗に取り除いてみると
いいかもしれません。

 

 

ただしあまりに食べ過ぎてしまうと
次は太り過ぎ…という問題にもなるので
食べ過ぎには注意が必要です。

スポンサードリンク

白い汚れの原因は大病の可能性も?

舌苔の原因としては
食べかすなどの口内環境が不衛生である場合が
ほとんどだと言えますが
他にも原因があります。

 

 

例えばストレスや体調不良などで
免疫力が低下をしている場合には
細菌が活発化しやすくなり
舌苔も増えてしまいます。

 

 

口内が乾燥していたり唾液不足になると
こちらも細菌が活動しやすい環境になるので
舌苔が増えていきます。

 

 

また、大病が原因で
舌苔が増えているということもありえるということ。

 

 

ストレスや体調不良が原因になるというのが
大きなポイントとなるのですが
例えば黄色っぽい舌苔がある場合は
食生活の乱れが原因であることが多く
青っぽい舌苔の場合には
血行不良の可能性もあります。

 

 

たかが食生活の乱れ、血行不良だと思っていても
実はそれが大きな病気の原因になっていることもあったり
舌苔が病気を知らせる隠れたサインを出している可能性もあるのです。

 

 

いつもと違う舌苔の状態である場合には
自分の体調を今一度考えなおしてみると
心当たりがあるかもしれません。

 

 

そこから病気を早期発見することもできるかもしれないため
日々の手入れやチェックというのは
とても重要であるということ。

 

 

舌は特に体調不良の影響を受けやすい場所でもあるので
舌苔から読み取る病気のサインにいち早く気づけたら
大病であっても早く治すことができる
完治の可能性がUPするかもしれませんし
毎日できるだけ舌苔の状態をチェックして
健康状態を保てるように心がけていきましょう!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。