観葉植物100均おすすめ種類は?室内で虫が湧かない育て方とは?

この記事は3分で読めます

100均の観葉植物を
インテリアとして使っている人も
多いですよね。

 

 

今回はそんな100均の観葉植物に注目!
100均の中でもおすすめの種類の
観葉植物に大注目!
また室内で虫が沸かない育て方についても
見て行きましょう!

スポンサードリンク

観葉植物100均おすすめ種類は?

今やなんでも売っていて欲しいものが揃う100均
生活する上で欠かせない場所にもなっていますよね。

 

 

100円とは思えないハイクオリティの品揃えばかりなので
生活雑貨を買ったり、消耗品を買ったり
100均で売っているアイテムを工夫して
おしゃれなインテリアを作ってみたり。

 

 

100均アイテムで部屋を作る方法などを書いた雑誌や
たまにバラエティ番組でも100均アイテムを使った
部屋づくり方法についても紹介していますよね。

 

 

たかが100円とはいっても
今や馬鹿にできないアイテムもちらほらあるため
100均は常にチェックしているという人も
少なくないと思います。

 

 

さてその中でもインテリア雑貨として
利用されているのが観葉植物

 

 

部屋に観葉植物を置くだけで
爽やかな雰囲気を作ることができますし
おしゃれな部屋作りには
欠かせないマストアイテム。

 

 

しかしいざ100均に行っていみても
あまりの種類の多さに
どれがいいのだろう…?と悩んでしまいますよね。

 

 

そこで今回はオススメの観葉植物を紹介
早速見て行きましょう!

 

 

◆テーブルヤシ◆

「テーブルのオアシス」と人気が高いテーブルヤシは
観葉植物を初めて買うという人にもオススメ。

会社のデスクに置いている人も多く
おしゃれインテリアの初級編としても人気のようですね。

育て方は直射日光が当たらないところで
土が乾いてきたら水をたっぷり与えることに気をつければ
簡単に育てることも出来ます。

 

◆コーヒーの木◆

濃い緑で葉っぱもやや大ぶりなのが
コーヒーの木。
雰囲気も少し大人っぽい感じなので
部屋の雰囲気に合わせて置いておきたいアイテムですね。

コーヒーの木は日陰で週に1,2回水やりをやればOKなので
そこまで手間もかかりません。

 

◆ジャカランダ◆

可愛らしい葉っぱがたくさん付いているジャカランダは
他の観葉植物と合わせて使うと
さらにおしゃれに見えてオススメ。

日光が当たる場所で水は少し多めに。
育つと大きな木にもなっていくので
将来的に大型の観葉植物を部屋に置きたいという人は
先を見据えて購入を考えてみるのもいいでしょう。

 

◆ラブハート◆

多肉植物の中でもインテリアで人気なのが
ラブハート。
その名の通りハート型の形をしていて
とっても可愛らしいのが特徴。

特に女性人気が高く
可愛いお部屋にしたい!という人は注目したいところ。

やや日光が当たる場所で水やりは土が乾いてから。
育て方も簡単なのでオススメです。

 

 

4つ紹介してきましたが
この他にもたくさんの種類がある観葉植物。

 

 

さらにおしゃれにインテリアとして使いたい場合には
100均に売っているコップやビンなどに
植え替えるとよりおしゃれな感じになったりして
工夫次第で楽しさも広がっていきます。

 

 

他の観葉植物と組み合わせて使うのも
オススメなので、育て方がかぶっているもの同士を
組み合わせてみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

室内で虫が沸かない育て方とは?

観葉植物を育てるにあたって
室内でも虫が沸かない育て方
知っておきたいところ。

 

 

やはり植物であるために
虫が出てしまうケースも多くあり
そうなるとおしゃれな観葉植物…とは
言いがたいものになってしまいますよね。

 

 

虫が湧いてしまう原因としては
土や葉が不潔になってしまった時や
虫が卵を産んでしまった場合

 

 

なので、できるだけ葉にホコリやゴミがたまらないように
優しく拭いてあげることも大切ですし
さらに土の入れ替えも定期的に行ったほうが◎。

 

 

もし虫が出てしまった場合には
虫の種類などを調べて薬剤で殺すことも出来るので
最悪そういった方法をとってみるといいでしょう。

 

 

最近では土の代わりになる
ハイドロボールを使ったものもあり
土に比べて虫も湧きにくく清潔に保てるため
人気が高いようですね。

 

 

お部屋同様に観葉植物自体も清潔に保つ
それを忘れなければ虫が湧きにくい環境を
作ることができるので
心がけていきましょう!

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。